Entry Navigation

西赤石山 (1626m)

20070526205919.jpg
カブト岩から見た西赤石山

雨もすっかり上がり今日はいい天気。ただ黄砂のベールに包まれて遠くは霞んでいた。
登山口のある東平の手前で、親子のサル3匹とシカ1頭と会う。自然の中にタイムスリップ完了。


20070526210030.jpg20070526210042.jpg
アカモノ                                   ツガザクラ
20070526210103.jpg20070526210204.jpg
アカイシミツバツツジ                           ミヤマハナゴケ

20070526210237.jpg松山5:30~7:20東平登山口7:30~7:40第三通洞~7:54馬の背・柳谷コース分岐~8:25銅山越・銅山ヒュッテ分岐~8:48銅山越9:00~10:35西赤石山10:50~11:02カブト岩11:20~12:00上部鉄道跡分岐12:05~12:22一本松停車場~12:43第三通洞~12:57登山口


20070526210638.jpg20070526210653.jpg20070526210732.jpg
東平                        第三通洞の広場               ギンラン
東平は銅山の歴史資料館があり、広い駐車場もある。第三通洞の広場の奥から登山道に入る。
20070526210756.jpg20070526210840.jpg20070526211035.jpg
馬の背・柳谷コース分岐            アカモノ                     銅山峰ヒュッテからの道と合流
馬の背コースは健脚向きとなっていたので、気合を入れて臨んだが、実際はそれほどでもなく、結局山頂まで息が上がるようなところはなく、比較的快適な登りになった。
合流点から進路を左にとり少し歩くと銅山越への分岐がある。

20070526211047.jpg20070526211100.jpg20070526211125.jpg
ヒュッテ・銅山越分岐              銅山越から西赤石山方面を望む      ツガザクラ 
銅山越周辺から東山・西山にかけてツガザクラが群生し、今見ごろになっている。
ここからは、景色を楽しみながらのんびり登る。
 
20070526211321.jpg20070526211407.jpg20070526211427.jpg
ウグイス(初めて撮れた)           アカイシミツバツツジ               シコクハタザオ
20070526211443.jpg20070526211454.jpg20070526211758.jpg
クワガタソウ                    アケボノツツジがちらほら残る        ユキザサ
20070526211813.jpg20070526211857.jpg20070526211913.jpg
山頂が見えてきた                西赤石山山頂                  山頂から東赤石山方面
ウグイスを撮ったあとすぐに、今年初めてのアサギマダラ(蝶)に会う。
山頂からは、北方向以外の展望が良く、黄砂がなければもっとはっきり山々が見えたことだろう。
おにぎり食べてカブト岩へ下ることに。

20070526211942.jpg20070526212023.jpg20070526212035.jpg
カブト岩                       ヒロハヘビノボラズ?らしい        上部鉄道跡分岐(上から下りてきた)
山頂から急斜面を下るが、アケボノツツジの木が多く見られた。今年は裏年であまり咲かなかったようだが、満開になれば斜面はピンクの絨毯で凄いだろう。
カブト岩からは、木々に視界が阻まれ花も見られない単調な下り。今日一番退屈したコースだ。

20070526212044.jpg20070526212058.jpg20070526212129.jpg
鉄道の橋がかかっていたところ        一本松停車場                 コガクウツギ
鉄道跡や橋の跡や社宅跡など、銅山の歴史を彷彿させてもらったが、正直山頂から引き返した方が気分的に楽だったと思う。
DSC_19430001.jpgDSC_19760001.jpgDSC_18830001.jpg
                          ニワゼキショウ?               
DSC_19780001.jpg


それにしても人と会ったのは5組だけで、静かな山行だった。
赤石山系に今度来るのは、7月の東赤石山登山の時になるだろう。

スポンサーサイト
category
山歩きと花・風景

五段高原の花 ちょっと皿ヶ嶺

昨日散策した五段高原の花を紹介します。
(花の名前は、いつまでたっても不勉強でいけません。間違いを正して下さったり、?の名前をお教え下さったり、是非コメントいただければと、いつも思っております。)
20070521190615.jpg20070521190629.jpg
シャクナゲ                                 ツツジ 
20070521190638.jpg20070521190647.jpg
ホソバノアマナ                               オキナグサの花のあと
20070521190656.jpg20070521190705.jpg
? 何でしょう                                 ? これも何でしょう
20070521190717.jpg20070521190727.jpg
エンレイソウ                                  クルマムグラ
20070521190737.jpg20070521190754.jpg
ジシバリ                                    ヒメハギ
20070521190805.jpg20070521190817.jpg
ヒメレンゲ(マンネングサではないと思う)              ホウチャクソウ
20070521190830.jpg20070521190839.jpg
姫鶴荘に咲いていた ヤマオダマキとオダマキ
20070521190850.jpg20070521190900.jpg
スミレ                                      なにテントウムシだろう?
20070521190910.jpg20070521190919.jpg
ふつうに タンポポ です

帰りには、皿ヶ嶺で今月見守ってきた花の様子を見に登った。16時半から慌てて登ってしんどかったが、無事な姿を見て安堵。
DSC_18110001.jpgDSC_18060001.jpg
ツツジ                                     フタバアオイ
DSC_17970001.jpg20070521191055.jpg
クマガイソウ
category
山歩きと花・風景

五段高原 天狗の森

朝から天気がいい。用事を済ませたあと、少し遅いスタートとなったが五段高原へと足を運んび、天狗荘周辺の散策と、天狗の森を登ってみた。
(最近、筆不精に陥ってるので簡単に)
1DSC_17750001.jpg2DSC_17800001.jpg
少し肌寒かったが 散策にはもってこいの天気       真ん中に見えるのが天狗の森
3DSC_17720001.jpg4DSC_17380001.jpg
二ノ森   石鎚山 中津明神山  筒上山          天狗の森頂上 引割方向に一旦下り 横道で帰る
5DSC_17420001.jpg6DSC_17600001.jpg
山頂から 右に不入山 左に鳥形山               緑が眩しい

天狗の森への登山道沿いでは、ヤマシャクヤクが目に付いた。

20070520214920.jpg20070520214931.jpg

20070520214943.jpg20070520214952.jpg

20070520215003.jpg20070520215023.jpg
ぼちぼち花は足元にあったが、名前がわからないものもあり、紹介はまた後日ということで。

category
山歩きと花・風景

岩黒山(1745.6m)・筒上山(1859.3m)

今年見納めのアケボノツツジと、咲き始めのヒカゲツツジ、まだとは思うけどゴヨウツツジを堪能しようと、岩黒山~筒上山コースを歩いてみた。結果的には、アケボノツツジはいいタイミング、ヒカゲツツジはポツポツ咲き始め、ゴヨウツツジはまだまだだった。

今日は登る前と登り始めに気分の悪いことが。ひとつは面河を走行中にマナー悪く暴走する車があった。しかし関門の食堂のPにその車は止まっていたので、そこの関係者か!?まあ、山登りの人じゃなくて良かった。もうひとつは、岩黒山を登っている時、アケボノツツジが撮れるところまでしか登らないカメラマンの極々一部の人。狭い登山道の道は譲らない、こちらが笹原に避けても会釈すらしない人。そんな生き方しかできない人も世の中には多いと思うが、いざ目にすると腹立たしいものだ。

(コース参考タイム)
登山口8:37~9:20岩黒山9:25~9:41丸滝小屋9:50~10:55手箱越11:12~11:40筒上山11:46~12:25分岐~12:47丸滝小屋12:55~13:40登山口

1DSC_15910001.jpg2DSC_15960001.jpg
石鎚山や瓶ヶ森をバックに、アケボノツツジを撮れるポイントは賑わっていた。
3DSC_16000001.jpg4DSC_16090001.jpg
アケボノツツジのビューポイントを過ぎれば誰もいない。山頂は独り占め。
5DSC_16110001.jpg6DSC_16120001.jpg
山頂360度の展望でこれから通過する丸滝小屋と、そのあと登る筒上山。振り返れば石鎚山が見える。
20070513193426.jpg  登山道の随所でみかけたショウジョウバカマ

8DSC_16160001.jpg9DSC_16170001.jpg
岩黒山から尾根道を通って丸滝小屋へ。アケボノツツジの蕾も綺麗。石鎚をバックに。
10DSC_16360001.jpg20070513193501.jpg
丸滝小屋の裏の崖にもアケボノツツジが多い。今下りてきた岩黒山をバックに。ヒカゲツツジは、小屋周辺から筒上山直登への分岐まで見られた。
20070513193511.jpg20070513193518.jpg
エンレイソウ                               シロモジ
20070513193527.jpg20070513193535.jpg
ジロボウエンゴサク                           ワチガイソウ
20070513193545.jpg20070513193553.jpg
ミツバテンナンショウ                          ナツトウダイ
筒上山へは、尾根の直登は通らず手箱越をめざして、花を探しながらのんびり歩いた。
18DSC_16540001.jpg19DSC_16550001.jpg
手箱越から、これから登る筒上山を見上げる。直線の急坂と鎖場の崖を登って行く。二つのグループにはさまれ、登るのに時間がかかった。
20DSC_16600001.jpg21DSC_16610001.jpg
南側の頂上。向こうに北側の頂上が見える。
22DSC_16660001.jpg
北側の頂上。展望はいいけど、風が強く肌寒いので、長居せずに尾根道を下った。
分岐からは、左右上下の花や風景を楽しみながら登山口を目指した。

20070513193651.jpg20070513193700.jpg
オオカメノキ                                ワサビ
20070513193711.jpg20070513193720.jpg
トウダイソウ                                ツルネコノメソウ

DSC_16780001.jpgDSC_16800001.jpgDSC_16840001.jpg

DSC_16900001.jpgDSC_16930001.jpg   スミレ

これから石鎚山系は多くの花で華やかに。月末か6月には、石鎚・西冠岳を目指してみよう。


category
山歩きと花・風景

皿ヶ嶺の散策

朝夕と用事があったので、今月二回目の皿ヶ嶺へ行ってきた。
今日は水の元~風穴~十字峠~竜神平~上林峠~水の元というコースで、4時間半ほどの散策だった。


1-1550-60.jpg

2-1550.jpg3-1550.jpg
登り始めてすぐに、今日の目的の一つの好きな花、ヤマシャクヤクに出会う

20070512202338.jpg1504.jpg

1505.jpg1503.jpg
イワカガミ いつも景色を見ながら休憩する、尾根筋の岩場で綺麗に咲いていた。ここで咲くことは知らなかったのでラッキーだった。 

時間の余裕がないのと、ふくらはぎが少し痛くなったので、山頂へは行かず十字峠から竜神平へ下り、休まず上林峠へ。途中ササユリの葉を結構見かけた。あとは水の元への下り、花を見ながらのんびり散策で締めくくった。
 
20070512202502.jpg20070512202512.jpg20070512202520.jpg
イワボタンとミヤマハコベ            ウワバミソウ                  クルマムグラ 
20070512202534.jpg20070512202543.jpg20070512202554.jpg
コンロンソウ                    シコクカッコウソウ               シャクナゲ 
20070512202603.jpg20070512202614.jpg20070512202638.jpg
ジロボウエンゴサク                タニギキョウ                  フジ 
20070512202647.jpg20070512202655.jpg20070512202705.jpg
ホウチャクソウ                   ムラサキケマン                ユキザサ
20070512202712.jpg20070512202721.jpg
ユリワサビ ?                   ラショウモンカズラ
category
山歩きと花・風景

皿ヶ嶺にて 5月6日

昨日、笠取山からの帰りに駆け足で皿ヶ嶺を散策した。

DSC_14680001.jpg
登山道脇に咲くシコクカッコウソウの三姉妹 どの娘が好みかな?
DSC_14710001.jpg
この娘が好みかなあ.....僕は
花は満開  でももうすぐ散っていきそうです 


そろそろヤマシャクヤクが咲くはずだけど、この日は見つけられなかった。

DSC_14740001.jpg20070507182002.jpg
うしろ姿も艶やかなイチリンソウ                   ルイヨウボタン    
category
山歩きと花・風景

笠取山(久万高原町)

1420-60.jpg

連休最終日の今日も一日雨の予報。しかし、予定していた笠取山へ強行突破。美川スキー場から雨と霧の中を走る。さすがに誰にも会わず、大川嶺登山口に到着。いつもは、ここに車を止めて歩くのだが、ふと道を見ると、去年まで崩壊による通行止めだった、笠取山へ通じている道が通行可能に。こんな天気なので楽させてもらい、そのまま車で笠取山直下まで行くことにした。
カッパ上下を着て、とりあえず山頂めざして歩く。途中で今日の目的のキスミレ発見!この花はここでしか見たことがないから、なんとしてでも今日来たかったのだ。山が歓迎してくれたのか、撮影中はなんと雨がやみ、寝転がって撮ることができた。


20070506194626.jpg20070506194633.jpg
笠取山山頂と ツルギミツバツツジの状態 月末には、この辺り一帯が赤く染まる

20070506194647.jpg20070506194702.jpg

20070506194710.jpg20070506194720.jpg
ショウジョウバカマ                             オオカメノキ
20070506194732.jpg    これは 何が咲くのでしょう?

20070506194746.jpg20070506194754.jpg
キジに出会う                                  足元に おっとびっくりヒキガエル

category
山歩きと花・風景

稲叢山(1506.2m)でアケボノツツジ三昧

午後から天気が崩れそうだったが、今日は6月に咲くオオヤマレンゲで有名な稲叢山へ行くことにした。
のんびり全コースを歩く。

1353-60.jpg
歩いてびっくり、ここはアケボノツツジが多い。しかも見ごろだからなかなか足が前へ進まない。諦めて超の~んびり散策することにした。嬉しい誤算だった。
1392-30.jpg1391-30.jpg
                                         トンネル登山口から左回りで
1_13060001.jpg2_13130001.jpg3_13290001.jpg
トンネル登山口                 稲叢山・西門山分岐               四差路
4_13360001.jpg5_13610001.jpg6_13630001.jpg
稲叢山山頂                    ダム手前の分岐                 滝・洞窟めぐりコースに入る
7-13640001.jpg         8_13700001.jpg         9_13710001.jpg
沢を何度も渡ったり、急な階段があったり、鎖場があったりで変化に富み、景色も最高。一番好きになったコースだ。
10_13730001.jpg11_13860001.jpg12_13870001.jpg
平家の伝説がある洞窟             昼食をとった保線道コース          ダムの下山口
ダムからトンネル登山口まで戻る車道は苦痛だったが、登山道は随所に景色が楽しめる岩場があるので、この季節疲れを感じさせない最高の山だと思う。
<コースのんびりタイム>
松山6:10~8:05トンネル登山口8:18~8:27分岐(少し西門山方向で写真を撮る)8:42~9:08四差路~9:30山頂9:45~10:21滝コースへの分岐10:28~11:30四差路~(昼食)~12:25ダム下山口~13:13トンネル登山口
DSC_13160001.jpgDSC_13240001.jpg

DSC_13380001.jpgDSC_13430001.jpg

DSC_13760001.jpgフォトアルバム ←アケボノツツジの写真UP
DSC_13580001.jpgDSC_13660001.jpg
ミツバツツジも色鮮やか
トンネル登山口に戻ってきて10分後、雨が降り出した。天気でもラッキーな山行だった。
category
山歩きと花・風景

二ツ岳(1647m)

5月の連休初日、赤石山系はアケボノツツジ・カタクリを求めた登山者で溢れかえっていた。天気予報で今日が一番いい天気と言っていたので、なおさら集中したみたいだ。朝7時半前後にそれぞれの登山口を通過した時、大永山トンネルで10台、中七番で7台、日浦で50台、筏津で4台と言う風に正規の駐車スペースはすでに埋まっていた。帰る時間に、どれだけの車が止まっていたかはご想像におまかせします。
さて僕はと言うと、一年前にも登った二ツ岳を今回も選び、会った登山者13,4組という静かな山行を楽しんだ。
松山から高速を使わず2時間15分。肉淵バス停から林道に入り先客4台の駐車スペースに到着。

1_12810001.jpg2_11740001.jpg
南から見た二ツ岳                            峨蔵越までに咲いていたアケボノツツジ
登山口(約900m)から峨蔵越(1266m)までは、スミレがあちこちで見られ、1150mくらいからアケボノツツジが出迎えてくれた。しかし峨蔵越からはほとんど蕾の状態だった。
3_11660001.jpg4_11850001.jpg5_11870001.jpg
登山口                      峨蔵越(土居からの道と合流)        いよいよ岩場の道 ロープ
6_11880001.jpg     7_11890001.jpg     8_11940001.jpg
こんな岩場も              鯛の頭が見えてきた 頂上は見えない       鯛の頭手前のハシゴ       
9_11960001.jpg10_11990001.jpg11_12000001.jpg
鯛の頭                      おなじみの看板 気を引き締めよう     鯛の頭の後ろに赤星山
12_12080001.jpg        13_12180001.jpg14_12130001.jpg
あとふた登り 山頂は見えない       二ツ岳山頂                    山頂から権現山・東赤石山方面
↑このあたりで、すごい健脚で登ってきた二人に道を譲る。山頂で少し話をしたが、なんと一人は74歳(76歳だったかも)、もう一人は60代で土居から登ってきたらしい。下りもあっという間にみえなくなった。
今日は登りでバテてしまったので、下りはゆっくり。もちろん写真も撮りながら登山口へと戻った。
<コースタイム>
登山口8:10~9:12峨蔵越9:15~9:48鯛の頭~10:20山頂10:50~11:13鯛の頭~11:45峨蔵越11:50~13:10登山口
<出会った花>
15_12290001.jpg17_12550001.jpg18_12560001.jpg
アケボノツツジ
19_12360001.jpg20_12720001.jpg21_12270001.jpg
タムシバ                     ミツバツツジ                  シロモジ 
22_11860001.jpg23_12210001.jpg24_12530001.jpg
オオカメノキ                   バイカオウレン                 コミヤマカタバミ
25_11700001.jpg26_12410001.jpg27_11830001.jpg
マルバコンロンソウ               ワチガイソウ                  シロバナネコノメソウ
28_12760001.jpg29_11730001.jpg30_11950001.jpg
フウロケマン                   コチャルメルソウ 
31_11670001.jpg32_12740001.jpg33_12780001.jpg
シコクスミレ                    シハイスミレ                   エイザンスミレ
34_12790001.jpg
タチツボスミレ

(故 近藤じいちゃんのクマガイソウ)
二ツ岳の帰りに、今回もクマガイソウを見せてもらいに行った。
昨年までの約45年以上に渡り、丹精こめて育てたクマガイソウ。今年もいっぱい咲いていた。

13022.jpg13023.jpg13024.jpg

13021.jpg
 テレビの取材もきていた


category
山歩きと花・風景

大野ヶ原(源氏ヶ駄馬) 4月29日 

先日、実家からの帰り、天気が良すぎるので寄り道した。
愛南町を出発して、宇和島・鬼北・日吉と走り、快適な大規模林道を上って大野ヶ原へ。さすがに好天で連休の中日、カップル・家族連れ・中高年のグループなどなど、高原は軽井沢並み(あまりにオーバーかな)に行楽客で賑わっていた。
今日は、源氏ヶ駄馬中腹に車をとめ、頂上まで心地よい風を感じながら散策した。


DSC_10210001.jpgDSC_09950001.jpg

DSC_09930001.jpgDSC_10260001.jpg

<出会った花>
DSC_10030001.jpgDSC_10160001.jpg
シロバナイカリソウ(はじめて見た花)                とにかく大きなタンポポ
DSC_10020001.jpg
この花は何でしょう? 標高1400mの石灰岩の縁に咲いていた小さな花(1.5cmくらい) イチリンソウに似てるけど花が小さすぎる ニリンソウにしては葉の形が違うような??  ご存知の方 教えてください

category
山歩きと花・風景