Entry Navigation

東赤石山(1707m) 八巻山(1698m)

東赤石山は、昨年7月8日に登ったが、目当ての高嶺バラは終わりかけだった。今年はできるだけベストの日に...と思い、先週・先々週に登られた方々のブログを参考にさせてもらい、今日行くことに決定した。あとはお天気だがラッキーにも梅雨の晴れ間らしい。気分良く早朝4時20分に家を出て、7時前から登りはじめた。

1DSC_29970001.jpg2DSC_30240001.jpg
八巻山から見た東赤石山方向 ガスで見えない        赤石山荘付近から見た八巻山

眺望に関しては、雨は降らなかったものの、ガスが吹き荒れてさっぱりだった。

3DSC_30320001.jpg瀬場登山口⇒瀬場谷⇒(直登コース)⇒赤石越⇒東赤石山⇒八巻山⇒赤石山荘⇒(山荘コース)⇒瀬場登山口
瀬場谷から二つ目の渡渉ポイントを過ぎると、左右自然林の中の急登に変わるが、すぐに目当ての高嶺バラロードに。ここから撮影しながらの超スローペースになったので、今回は参考タイムは載せないことに。約8時間山で過ごしたということで。

これが高嶺バラ
4DSC_30170001.jpg20070630214706.jpg

20070630214713.jpg20070630214722.jpg
ピンクのマダム(高嶺バラ)と 純白の貴婦人(オオヤマレンゲ) どちらがお好み?

20070630214842.jpg20070630214853.jpg
キバナノコマノツメ                            ユキワリソウ
20070630214905.jpg 強い冷たい風に震えながら寄り添っていた

DSC_29290001.jpgDSC_29460001.jpgDSC_29550001.jpg

20070630215025.jpg20070630215034.jpg
モリイバラ 高嶺バラと同じ標高で咲いていた
20070630215046.jpg20070630215054.jpg
イヨノミツバイワガサ                           キバナツクバネウツギ
DSC_29570001.jpgDSC_29590001.jpgDSC_29640001.jpg

20070630215104.jpg20070630215113.jpg
コウスユキソウ                              シライトソウ
20070630215124.jpg20070630215138.jpg
ヤブウツギ                                 ヤマツツジ
DSC_29670001.jpgDSC_29700001.jpgDSC_29720001.jpg

20070630215147.jpg20070630215157.jpg
タカネマツムシソウ ほんの少しだけ花が開いている      シコクギボウシ
シコクギボウシは蕾をつけたものがいっぱいあった。タカネマツムシソウとあわせて、来週以降八巻山山頂付近を賑わすことだろう。

今日は、高嶺バラの開花とタイミングがピッタリあい、いい山登りになった。
次回ここを訪れるのは、オトメシャジンが風に揺れる7月末だろうか。

スポンサーサイト
category
山歩きと花・風景

オオヤマレンゲ

DSC_27730001.jpg

長沢の滝を訪れた日のもう一つの目的は、天狗高原に咲いているオオヤマレンゲだ。今シーズン三度目の貴婦人との出会い。ここは、木のある場所が平坦なので吐息が感じられるところまで近づけるベストポイント。ただ、足元にある植物や木の枝に触れて傷つけないよう注意するのが大人のマナーだ。

20070625185745.jpg2DSC_27950001.jpg

3DSC_27980001.jpg4DSC_28010001.jpg

5DSC_28000001.jpg  うしろから そっと...
20070625185822.jpg  キバナヤマオダマキ

天狗の森の頂上まで行けば、もしかすると赤色の花に会えるかもしれないが、今日は天候不良のため断念。
次回は、7月中旬のヒメユリ・ハンカイソウと8月中旬のキレンゲショウマの時期に散策に来よう。

category
山歩きと花・風景

長沢の滝

20070624211240.jpg    [長 沢 の 滝]
   高知県津野町
   落差 34m

   k_img_render.jpg

   滝散策=疲れるというイメージのためか、
   今まで立ち寄らずに通過ばかりしていた
   長沢の滝へ、今日やっと足を運んだ。
   な、なんと国道439号から案内板を頼り
   に曲がり、たった5分。しかも道のすぐそ
   ばに迫力ある滝が水音をあげていた。



2DSC_28080001.jpg   3DSC_28240001.jpg   4DSC_28330001.jpg
道路脇にある休憩所から             川に架かる橋の上から
5DSC_28300001.jpg6DSC_28500001.jpg
滝口がハート型のめずらしい滝だ
7DSC_28360001.jpg     8DSC_28380001.jpg

9DSC_28390001.jpg     20070624211612.jpg ユキノシタの群生

20070624211626.jpg ミヤマコナスビも可愛く咲いている

滝の100m手前に広い駐車場とバイオトイレ完備。
滝散策での体力消耗はないので、四国カルストの散策とあわせて訪れてみては。
紅葉の葉っぱが多くあったので、秋の風景ももしかすると最高かも。お勧めの滝です。

category
川・滝・渓谷・花

稲叢山へ再び

オオヤマレンゲ

20070616210458.jpg

先日は蕾状態だったオオヤマレンゲ。もう咲いているだろうと再び高知県の稲叢山へ。
今日は天気も良く、同じ花狙いで熟年夫婦・カップル・写真家・女性グループなど、人々が稲叢山へ集まっていた。
期待していた最初の鉄塔付近の木は、純白の貴婦人が一人、まもなく貴婦人に変身する娘が一人、引退した婦人が二人という状態だった。もう一ヶ所の鉄塔へは行かず、西門山の木も見たが、こちらは全部蕾のまま。でも、どの木も2,3日中にはどっと開花しそうだった。
また少し花とのタイミングが合わず、しかも逆光だったので(腕も悪い)写真としてはイマイチになったが、自分の目でしっかり貴婦人の姿を見ることができたので良かったと思う。


20070616205622.jpgDSC_25140001.jpg
純白に写せなかった貴婦人                     もうすぐ貴婦人へと変身する娘

20070616205713.jpg20070616205721.jpg
オウギカズラ                               キバナツクバネウツギ

(帰りに通った瓶ヶ森林道で目にした花)

20070616205806.jpg20070616205813.jpg
イヨノミツバイワガサ                          チゴユリ
20070616205825.jpg20070616205843.jpg
ツマトリソウ                                 マイズルソウ
20070616205835.jpg
ヒメウツギ
category
山歩きと花・風景

稲叢山へ

久々のウィークデーの休み、しかも天気がいい。迷わず稲叢山をめざした。
予定では、ここにドド~ンとオオヤマレンゲの花を載せるつもりだったのだが・・・。残念ながら、鉄塔2ヵ所と西門山の木を確認したが全部蕾状態。3時間うろうろしてみたが、写真に納める花があまり見当たらないので意気消沈して下山した。しかし汗のかき具合も少なく、ここで帰ったら物足りないので瓶ヶ森林道に入り、360度の展望が楽しめる東黒森と自念子ノ頭をせっせと登り、静かな休日を終えた。

1DSC_24570001.jpg 東黒森からみた西門山と稲叢山

2DSC_24430001.jpg3DSC_24440001.jpg
オオヤマレンゲの蕾  右の方はもうすぐ開きそう

4DSC_24680001.jpg  自念子ノ頭への登りの途中 振り返り 東黒森を見る

5DSC_24650001.jpg  東黒森から見た 自念子ノ頭

6DSC_24720001.jpg7DSC_24730001.jpg
石鎚山は雲に隠れている                瓶ヶ森                             手箱山 筒上山

category
山歩きと花・風景

白猪の滝と周辺の花

この土日は、仕事や家の用事で、お出かけの時間がとれなかった。それでも今日の午後から3時間ほど空きができたので、東温市の白猪の滝へ行ってみた。
無料駐車場からてくてく歩いて登る。一段登ったところに、「白猪屋さん」の菖蒲園が、紫陽花やタチアオイに囲まれて、堂々とオープンしていた。ここは帰りに寄ることにし、滝をめざす。
途中、今年初めての蛇に遭遇、水路を泳いで逃げていった。足元には、ドクダミの白い花が目に付く程度で、立ち止まることなく滝に到着。

1DSC_23540001.jpg            2DSC_23610001.jpg
水量はさほど多くはないが、周りの緑がきれいでなかなかの景色。カップルの邪魔をしないように、遠慮がちに滝や水辺の花を撮って下った。
3DSC_23750001.jpg         4DSC_23790001.jpg         5DSC_23890001.jpg

(出会った花)
20070610193453.jpg20070610193504.jpg20070610193513.jpg
ニガナ                       ミゾホウズキ                 ソクシンラン
20070610193527.jpg20070610193538.jpg20070610193548.jpg
ミズタビラコ                    ドクダミ                     ツメクサのじゅうたん
20070610193556.jpg20070610193605.jpg20070610193624.jpg
ニワゼキショウ                  マツバウンラン?              ホタルブクロ
さて、菖蒲園に戻ってくると、「白猪屋」のご主人がちょうど話かけてきて、「今年はなんとか綺麗に咲きそうだ。菖蒲はやっぱり3年かかるね。次の週末には紫陽花もタチアオイも全部が見ごろになるよ。朝10時頃までにきたら、夜露を吸ってしっかりと咲いている花がみられるから」と説明してくれた。
20070610193658.jpg20070610193706.jpg

20070610193714.jpg20070610193723.jpg
紫陽花も、いろいろ種類があるのだなあ
20070610193732.jpg20070610193740.jpg

20070610193750.jpg           20070610193800.jpg
濃い紫や黄菖蒲の色が綺麗

帰りにちょこっと塩ヶ森の紫陽花の様子もみてきたが、こちらも今度の週末に見ごろのようだ。白猪の滝と合わせてお出かけしてみれば.......。

category
川・滝・渓谷・花

野良猫

春にお腹の大きいメス猫がいた。その後どうなってるかと思い、のら猫公園へ行ってみた。
広場に黒い子猫発見。のらだから、病気にかかって目がおかしく痛々しかった。

1DSC_23470001.jpg2DSC_23490001.jpg
ンニャ!                                  母ちゃ~ん カメラを持った不審者がきたよう.....怖いよぅ
3DSC_23500001.jpg  お化粧中...  ペロペロ  ちょい お待ち

4DSC_23450001.jpg  おぅおぅお~ どいつだどいつだあ!

5DSC_23430001.jpg  と、とうちゃんも........怖いからやっぱ知らぬふりしよう
6DSC_23460001.jpg  ギロッ! うちの子供に手ぇ出したら許さへん.......

DSC_23420001.jpg  な~んだ  あんたかあ  暇なおっさんやなあ

「暇で悪かったな」.....とねこ語でしゃべり(そんなわけない)、蚊にさされた腕をかきながら、暇なおっさんは公園をあとにした。
category
山歩きと花・風景

西ノ冠岳(お花畑)と石鎚山(1982m)

今年初めての石鎚登山は、昨年と同様に西ノ冠岳のお花畑からスタート。

20070602215002.jpg20070602215013.jpg

20070602215025.jpg20070602215033.jpg

5DSC_22390001.jpg(ご参考)
土小屋7:40~8:30東稜分岐~9:13三ノ鎖分岐~9:40西冠岳下のお花畑10:15~10:43三ノ鎖分岐~10:49弥山~10:59天狗岳~11:10南尖峰~12:09東稜分岐12:20~13:00土小屋

天気は曇りで視界が悪い。雨も降りそうだったので、始めからレインを着て歩き始めた。結局降ったのは、面河道分岐付近と天狗岳でパラパラ程度。カメラを濡らすことなく花の写真を撮ることができた。

20070602215132.jpg     20070602215234.jpg     20070602215249.jpg
ロッククライミングで、天狗岳をめざしていた人もいた。恐ろしい~!
20070602215300.jpg20070602215312.jpg  こんな天気でした。

<西ノ冠岳の三姉妹>
2123.jpg2124.jpg2125.jpg
ユキワリソウ
2119.jpg2120.jpg2121.jpg
キバナノコマノツメ
2126.jpg2127.jpg2128.jpg
イワカガミ
どれも小さく可愛い花。風が強かったので、なかなかじっとしてくれなかった。

帰りは、天狗岳をめざす。ガスが晴れないので景色が楽しめなかったので、早々に南尖峰から東稜を下った。
しかし、花で言うと弥山から南尖峰直下までは、イシヅチザクラとアケボノツツジの競演が。続いてアケボノツツジとシャクナゲ、さらに東稜分岐近くではシャクナゲとミツバツツジの競演が見られて、飽きることがなかった。


次回は、夏の花が咲く頃に...。
<登山道で出会った花>

20070602215521.jpg20070602215530.jpg20070602215600.jpg
アケボノツツジ                 イシヅチザクラ                 コヨウラクツツジ
20070602215616.jpg20070602215625.jpg20070602215645.jpg
シコクハタザオ                 シロドウダン                   ナツトウダイ
20070602215701.jpg20070602215713.jpg20070602215728.jpg
ナナカマド                    ナンゴクミネカエデ               マイズルソウ
20070602215801.jpg20070602215818.jpg20070602215830.jpg
ミツバツツジ                   ヤマシャクヤク                 ルイヨウボタン
20070602215840.jpg20070602215539.jpg
ワチガイソウ                   エンレイソウ
category
山歩きと花・風景