Entry Navigation

ハロウィン

今日はハロウィン。
まあ、うちの家庭にはほとんど関係はないのだが、昨日どてがぼちゃをくり貫いて、ジャック・オ・ランタンを作った。

DSC_79040001.jpg7904-10001.jpg
・・・それだけのことです。

さて、先日四国環境キャンペーン「いやしのへんろ道 フォト&メッセージ」の、作品紹介のHP(NHK)が開設されました。
四国の風景など多くの作品(写真と俳句形式のメッセージ)が掲載されています。もちろん僕の作品も数点ありますが、それはさておきすばらしい写真・俳句がありますので、是非ご覧ください。
リンクに入れていますので...。


にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


スポンサーサイト
category
その他

小田深山の紅葉

昨日、大野ヶ原からの帰り道、小田深山(標高800m)の紅葉の様子を偵察してみた。
昨年同日に訪れているが、比べると綺麗に赤くなっている木も点々とみられたものの、渓流の両サイドを彩るほどではなかった。
やはり、少し遅れ気味で見ごろは今度の土日以降だろうか。

1DSC_77120001.jpg

2DSC_77090001.jpg3DSC_77290001.jpg4DSC_77590001.jpg
河原からの様子は、まだこんな感じ。
5DSC_77380001.jpg6DSC_77480001.jpg
7DSC_77490001.jpg   上流の方で、絵になる風景に出会えた。

      8DSC_77500001.jpg                9DSC_77570001.jpg

次の日曜に、もう一度行こうかな.....。  それにしても、ピントがイマイチだ。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ
category
川・滝・渓谷・花

大野ヶ原ブナ原生林

雲ひとつ無い青空が朝から広がっていた。
例年なら、堂ヶ森~二ノ森を歩くのだが、疲れがたまって長時間歩く自信がないので、軽~く散策できる大野ヶ原へ向かった。

今回は紅葉が目的なので、初めてになるブナ原生林保護区を散策することにした。

1DSC_76850001.jpg2DSC_76780001.jpg
駐車場をあとにして、放牧場の中の道を歩いて原生林入り口へ。
遊歩道は広く、よく整備され歩きやすい。
日もよく射し、平坦な明るい道を快適に歩いた。

3DSC_76430001.jpg4DSC_76560001.jpg

もみじは、数は多くないが所々で赤く色づき、青空のもと原生林とのコントラストを楽しむことができた。
5DSC_76900001.jpg

6DSC_76450001.jpg7DSC_76760001.jpg

8DSC_76660001.jpg9DSC_76740001.jpg

10DSC_76620001.jpg       標高約1300m 大野ヶ原ブナ原生林保護区にて

大野ヶ原から帰りに、小田深山にも少し立ち寄った。
その様子は、また改めて.....。

DSC_77050001.jpg    小田深山キャンプ場付近の紅葉

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ
category
山歩きと花・風景

愛宕山(石手寺)と道後温泉

今日は、娘の用事もあって道後で時間つぶし。
久しく寄ってなかった、石手寺や道後温泉界隈を歩いてみた。


石手寺では、境内でゆっくりするというより、寺の背後にある愛宕山(100m)へ登ってみた。
初めて登ったが、眺めのいいのにびっくり。夜景や夕日も楽しめそうな場所だった。

1DSC_75930001.jpg2DSC_75950001.jpg

3DSC_75970001.jpg4DSC_75990001.jpg
隣りの常光寺山(120m)に立っている弘法大師像。その後ろに、奥道後ロープウェーのある杉立山(669m)がよく見える。
( 石 手 寺 )
5DSC_75890001.jpg  6DSC_75910001.jpg  7DSC_75920001.jpg

8DSC_75810001.jpg  さて 道後温泉へ移動しましょう ぞろぞろ.....

( 道 後 温 泉 本 館 )
9DSC_76030001.jpg10DSC_76070001.jpg

からくり時計の前にくると人だかりが。時計を見ると14時前。ちょうど動き出す時間でラッキー。

DSC_76100001.jpg  DSC_76120001.jpg  DSC_76130001.jpg

DSC_76140001.jpg  DSC_76150001.jpg  DSC_76170001.jpg

車で時々通るが、道後を歩いたのは本当に久しぶりだった。
写真はともあれ、しばし観光客気分で歩いてみるのも、たまにはいいでしょう。


にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ
category
風景

コスモス 中山池自然公園(宇和島市三間町)

宇和島出張のついでに、11月3日にコスモスまつりが開催される、中山池自然公園へ寄ってみた。
せっかくの遠出だが、天気は残念雨...雨....雨.....。
それでも、花はすでに見ごろで、ウイークデイの静かな公園をひとり占めにしてきた。

1DSC_75110001.jpg

2DSC_75040001.jpg

3DSC_75210001.jpg4DSC_75140001.jpg

5DSC_75150001.jpg6DSC_75180001.jpg

7DSC_75450001.jpg

8DSC_75280001.jpg9DSC_75290001.jpg
中山池 雨じゃなければ水面に山がはっきり映って、もう少しきれいなのだが.....。
園内には、コナラやクヌギなどが多くあり、ドングリがいっぱい落ちている。


コスモス畑は、公園内では小規模だが、公園に通じる道沿いはもとより、町内各所で競うように点在している。
10DSC_75310001.jpg11DSC_75320001.jpg

12DSC_75410001.jpg

天気は悪かったが、今年最後のコスモスを満喫できた。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ


category
花と風景

昨年の紅葉PART2 (11月編)

10月も残り一週間。朝晩は涼しいが、日中はまだ袖をまくって仕事をする陽気。
この秋、一週間から10日ずらして紅葉狩りに出かけているが、なかなか狙いが絞りにくい。
こまめにネットで紅葉情報を確認するしかないが、またご参考までに昨年の11月の模様を紹介することに。


≪八面山~三本杭の尾根(宇和島市)標高1000m≫
  11月5日
1三本杭00012三本杭0001

≪滑川渓谷(東温市)標高600m≫
  11月18日
311.18滑川0001

≪阿歌古渓谷(東温市)標高500m≫
  11月19日
5阿歌古0001411.19阿歌古渓0001

≪西山興隆寺(旧丹原町)標高250m≫
  11月19日
611.19西山興隆寺0001

≪奥道後(松山市)標高150m≫
  11月26日
711.26奥道後0001

今年は12月まで、紅葉の風景が残りそう。

内子町の公式HPで、小田深山の様子が紹介されているが、10月22日現在の様子はご覧のとおり。

IMG_1196.jpg

c_02.gif
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

category
風景

ちち山・冠山 PART2

昨日の山歩きでは、登山口から稜線に出るまでの登りで、そろそろ登りに飽きてきたころに、立派な角をもった鹿に出会ったり、もみじ谷で今シーズン初の氷柱を見つけたりと、快晴の山歩き・紅葉狩りに小さな喜びがプラスされた、いい一日だった。
ただ、ちち山のトラバース道は、アップダウンは少ないが傾斜した狭い道のため、足首をひねらないようにバランスをとりながらの歩きだったので、以外と筋肉に負担がかかったのか、今日は久々の筋肉痛にみまわれた。


今日は、昨日載せなかった写真の紹介を。
(冠山への途中に振り返る)
石鎚山↓  ↓瓶ヶ森 ↓寒風山                        ↓笹ヶ峰         ↓ちち山
1DSC_74420001.jpg
    ↑愛車が小さく見える

(法皇山脈)
   西赤石山↓                               東赤石山↓           二ツ岳↓
2DSC_73570001.jpg

(冠山付近の紅葉)
DSC_74580001.jpg
冠山頂上↓       ↓岩場
DSC_74720001.jpg

冠山の頂上から、少し西に下りると、見晴らしのいい岩場の上に立つことができる。
絶壁の上で腹ばいになって、頭とカメラだけ乗り出して紅葉を撮ったが、載せるほどの写真が撮れなかった。また、高所恐怖症で心臓がドキドキ!


登山口8:20~9:20一の谷分岐~9:48ちち山の別れ~10:25ちち山10:45~11:00もみじ谷11:05~11:50ちち山の別れ12:00~12:13一の谷分岐~13:03冠山13:25~14:10一の谷分岐14:15~15:10登山口
・・・という山行だった。  ご参考までに。
category
山歩きと花・風景

ちち山(1855m)・冠山(1732m)

天気予報はズバリ的中。雲ひとつ無い好天のもと、一の谷橋登山口からちち山・もみじ谷、折り返して冠山を登ってきた。

( ち ち 山 )
1DSC_74370001.jpg2DSC_73960001.jpg

( 冠 山 )                  ↓
3DSC_74230001.jpg  遠く徳島の山並みも見える。

4DSC_74920001.jpg

紅葉はというと、コメツツジが枯れていたので、赤より茶色が目立っていた。

DSC_73760001.jpgDSC_73770001.jpg

DSC_73800001.jpgDSC_73880001.jpg

DSC_74040001.jpgDSC_74020001.jpg

DSC_74050001.jpgDSC_74120001.jpg

DSC_74160001.jpgDSC_74460001.jpg

DSC_74490001.jpgDSC_74600001.jpg

DSC_74610001.jpgDSC_74680001.jpg

DSC_74710001.jpgDSC_74740001.jpg

      DSC_74760001.jpg              DSC_74010001.jpg


眠いので、コメントは省略.....。おやすみなさい.....。

category
山歩きと花・風景

再び赤蕎麦畑へ

土曜出勤を終え、再び東温市井内の赤蕎麦畑へ行ってみた。
夕日に輝く.....といきたいところだったが、現地に着いたのが17時過ぎ。当然太陽は山の稜線より沈んでしまっていた。


1DSC_73280001.jpg
まだまだ綺麗に咲いている。
2DSC_73250001.jpg
風が強く、後ろのススキがなびいてる。

3DSC_73230001.jpg4DSC_73220001.jpg


5DSC_73260001.jpg
背後の山の高い部分には、まだ日があたっている。
これが結構、肉眼では綺麗だった。


さて、明日は一日中晴れの予報。
山の上でも、是非そうあって欲しいものだ。

category
風景

砥部動物園にて

年度でいうと後半に入った今月からは結構多忙で、なかなか予定どおりには山登りに行けず、精神的に不完全燃焼気味。
先日、気分転換に動物園を覘いてみた。


一時全国的にブームになったレッサーパンダ。いつ見ても可愛く、一番長く動きを見てしまった。
1DSC_71950001.jpg

2DSC_70790001.jpg3DSC_72960001.jpg
ずっと歩き回っているので、ピントがなかなか合わなかった。

4ホッキョクグマ5アミメキリン6クロサイ
ホッキョクグマ                 アミメキリン                   クロサイ
7ヒトコブラクダ8カバ9ニホンザル
ヒトコブラクダ                  カバ                       ニホンザル
10エミュー11フンボルトペンギン12フラミンゴ
エミュー                      フンボルトペンギン             フラミンゴ

どの動物の表情みても、愛くるしかったり滑稽だったりで、心和むひと時だった。

13障子山   園内から障子山を望む
動物園からの景色で、一番お気に入りの風景。
近くの山なのに、まだ登ったことがない障子山。早く、登ってみなければ.....。



category
その他

夕日

秋らしい雲が印象的な夕日でした。

DSC_70230001.jpg

DSC_70350001.jpg

DSC_70440001.jpg
category
風景

石鎚山の紅葉

朝の用事を済まし、石鎚をめざす。
松山の天気はくもり。山は午前中は雨かもしれないが、午後回復するという予報を信じて車を走らせた。
結局、天気は大ハズレ。午前中がくもりで、午後からずっと雨だった。
それでも、東稜コースをしんどいながら快適に登り、10分間だけガスが晴れた墓場尾根で紅葉を満喫できた。


1DSC_69590001.jpg
墓場尾根の紅葉
2DSC_69650001.jpg3DSC_69660001.jpg
大砲岩の横から
4DSC_69680001.jpg5DSC_69630001.jpg

       6DSC_69690001.jpg           7DSC_69730001.jpg
       大砲岩
8DSC_69720001.jpg9DSC_69860001.jpg
東稜の尾根
       10DSC_69780001.jpg           11DSC_69850001.jpg

12DSC_69920001.jpg13DSC_70090001.jpg
南尖峰から天狗岳への道筋で
       14DSC_69930001.jpg           15DSC_70010001.jpg
       ガスと雨の中で
       16DSC_70030001.jpg           17DSC_70130001.jpg
       天狗岳をバックに                          弥山をバックに

ガスが晴れて、天狗岳や弥山が姿を現さないかと、雨に打たれながら40分ほど待機したが、くっきりと姿を現すことはなかった。
天気は残念だったが、四国で一番早い紅葉を目にすることができ良かった。
      
category
山歩きと花・風景

昨年の紅葉(10月)

秋の訪れが遅かったため、紅葉の時期が少し遅れ気味のようだが、紅葉狩りのご参考に昨年の10月の模様を紹介いたします。

10.9ちち山0001
10月9日 笹ヶ峰とちち山の間もみじ谷

10.10石鎚000110.10石鎚20001
10月10日石鎚墓場の尾根付近

10.14鞍瀬の頭0001
10月14日鞍瀬の頭から二ノ森・石鎚方向

       DSC_70250001.jpg          DSC_70460001.jpg
10月28日小田深山

小田深山へは、小田から行く場合、獅子越峠手前で現在工事による通行制限(日曜は除く)があり、通れない時間帯が長いのでご注意を。

美しい紅葉を、お天気の良い日に満喫したいものですね。
11月の模様も、またアップします。


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへc_02.gif



category
風景

色づき始め・・・・・

ようやく石鎚山頂付近の紅葉が、加速し始めたようです。
今度の土日は、天候もまずまずの予報で、どっと人が繰り出す
ことでしょう。


DSC_68090001.jpg

DSC_68120001.jpg
ここは、旧面河村役場から少し面河川を上ったところにある、
休日には河原で遊ぶ人たちで賑わう場所。
何の木かわからないが、赤く染まっていたので車から降り写真を
撮った。

DSC_68160001.jpg
僕のおやつ・・・ではありません。
山を歩いたり、車で走っているとよく落ちているので、少し拾って
持って帰った。

DSC_68270001.jpg

DSC_68280001.jpg
風穴周辺の紅葉。
何枚か色づいてきれいだったので、盗らずに撮って帰った。
category
風景

「秋桜」コスモス(見奈良)と「十月桜」ヒガンザクラ(緑化センター)

東温市見奈良のコスモスが、見ごろのピークをむかえている。

1DSC_68320001.jpg

2DSC_68300001.jpg

3DSC_68330001.jpg

4DSC_68430001.jpg5DSC_68420001.jpg

昨日の夜から、台風くずれの雨や風に見舞われているが、花の状態はどうかな?

久しぶりに散策した緑化センターでは、十月桜が開花していた。

1十月桜 0001

2十月桜 07.10.0700013十月桜 緑化センター10001

4紅葉 緑化センター107.10.070001   5カラタチの実緑化センター07.10.060001   7パイナップル緑化センター07.10.070001
少し色づいてた紅葉                  カラタチの実                     パイナップル  

秋の桜と言われるコスモスと、普通は春の花である桜(十月桜)を、同じ日(10/8)に見た一日だった。
category
花と風景

笠取山へ

今日は朝から雨。山の方では天気の回復は見込めないが、今まで簡単に出会えそうで会えなかったセンブリの花、を探しに美川の笠取山へ強行した。
笠取山(大川嶺)は、今年4回目。うち晴れた日に訪れたのは、五段高原から帰りに寄った一回だけ。
メインで訪れる時は、すべて荒天。「なにも天気の悪い時に行かなくても.....」と言われそうだが、天気が悪くても花散策ができるから行ってしまうのだ。


1センブリ笠取山07.10.08
センブリ
道と草原の境の斜面で、ヤマラッキョウが咲き乱れるなか、けなげに咲いていた。まだ咲き始め。
2センブリ3センブリ
なにはともあれ、やっと写真に撮ることができ、目的達成。

雨は小雨程度だが、今日も風が強く、また傘の骨を折りそうになった。(前回傘が壊れた)
霧で視界が10mほど。あたりに気をつけながら散策した。

4ヤマラッキョウ笠取山07.10.085ヤマラッキョウ
白っぽいヤマラッキョウ発見。 イヨフウロの葉の紅葉がきれい。
6リンドウ笠取山7ツリガネニンジン
リンドウは結構見られたが、天気のせいでよく開いてない。ツリガネニンジンがまだ頑張っていた。
8イヨフウロ9DSC_67690001.jpg
イヨフウロも頑張っている。 なぜかスミレも咲いていた。

散策を終え、深い霧のなかブナの原生林まで車で下ってみた。
11DSC_67980001.jpg12DSC_68010001.jpg13DSC_68050001.jpg
写真では、うまく表現できなかったが幻想的な風景。そのうちすばらしい黄葉の風景に変わるだろう。
次回訪れるのは、小田深山の紅葉狩りの帰りかな。
天気だけは良い日に着てみよう。
category
山歩きと花・風景

赤蕎麦(アカソバ)の花 東温市井内

昨日、白猪の滝のあと、棚田がきれいな東温市井内集落へ寄ってみた。
目的はアカソバ畑。

(アカソバの花)
1DSC_67320001.jpg
3DSC_67310001.jpg4DSC_67330001.jpg
5DSC_67350001.jpg6DSC_67390001.jpg
2DSC_67380001.jpg
二面の畑に栽培されていて、花は満開!
DSC_66630001.jpg
これは、昨日の朝の秋空。
今朝は.......雨!
category
花と風景

白猪の滝

駐車場を出発する時はよく晴れていたのに、滝に到着し写真を撮り始めると、みるみるうちに曇りだし、時々小雨がぱらつく天気となった。

< 白 猪 の 滝 >    皿ヶ嶺連峰県立自然公園の中にある 高さ96mの滝
1DSC_66880001.jpg

2DSC_66720001.jpg
滝手前の ちょっと気に入ってる景色
( 今 日 の 滝 の 表 情 )
3DSC_66760001.jpg       4DSC_67100001.jpg       5DSC_66920001.jpg

6DSC_66890001.jpg       7DSC_67010001.jpg
 
( 出 会 っ た 花 た ち )
8DSC_66850001.jpg9DSC_67030001.jpg10DSC_67080001.jpg

11DSC_67140001.jpg12DSC_67170001.jpg14DSC_67220001.jpg

13DSC_67190001.jpg15DSC_67230001.jpg
金木犀(キンモクセイ)
昨日、久万高原町のお友達が、「松山を走っている時にキンモクセイの香りがした」と言っていたが、なるほど.....松山の隣り、この白猪の滝がある東温市を走っている時、何度か匂ってきた。そして、滝の遊歩道沿いにも木があり、近寄って香りを思いっきり吸い込んだ。

16DSC_67250001.jpg       17DSC_67270001.jpg       18DSC_67290001.jpg
法師山をバックに彼岸花  県天然記念物ウラジロガシ(惣河内神社)    ツワブキの花(金毘羅寺)
category
川・滝・渓谷・花

瓶ヶ森・西黒森・子持権現

用事があって早朝からのお出かけはできなかったが、秋晴れに誘われ石鎚へ向け車を走らせた。
10時すぎに土小屋に着いたが、駐車場は林道まであふれるほどの満車状態。紅葉も例年より遅れていて、ドウダンツツジが少し色づいている程度だと聞いていたので、人ごみを避けてのんびり歩ける瓶ヶ森方面へ行くことにした。

20071006235648.jpg20071006235656.jpg
西黒森からの瓶ヶ森(1896m)                    瓶ヶ森からの西黒森(1861m)
20071006235703.jpg  子持権現(1677m)       DSC_66610001.jpg

10時45分にまず瓶ヶ森へ向け出発。さすがに咲いてる花の種類は少なくなったが、足元いたるところに咲くリンドウを見ながら男山へ。
4DSC_65330001.jpg5DSC_65360001.jpg
男山                                     広大な笹原のむこうに石鎚が見える
紅葉は、やはりツツジ類が少し色づいている程度で、カエデ類はまだまだだった。
6DSC_65400001.jpg        7DSC_65500001.jpg
11:12 男山から山頂の女山を望む     11:28 瓶ヶ森山頂(女山)
山頂では、20名ほどが360度の景色を楽しみながら、休憩したり食事をしたりしていた。
8DSC_65470001.jpg9DSC_65510001.jpg
瓶ヶ森山頂からの景色
4,5枚写真を撮ったあと、すぐに西黒森めざし下ることに。
10DSC_65560001.jpg        11DSC_65600001.jpg
少し色づいたカエデ
登山道は、笹が刈り取られ快適に歩ける。
ジグザグの道を林道近くまで一旦下り、再び西黒森へ向け登る。

12DSC_65700001.jpg13DSC_65800001.jpg
瓶ヶ森を振り返る                             12:25 西黒森最後の急登への入り口
笹をつかみながらせっせと登ると、山頂に到着。 12:30 
頂上よりも一段下の方が景色が良いので、場所を独り占めにして食事をとった。

14DSC_65830001.jpg15DSC_65890001.jpg
西黒森山頂                                 この景色を見ながらの食事
16DSC_65720001.jpg17DSC_65770001.jpg

18DSC_65790001.jpg19DSC_66040001.jpg
ちょっと”やらせ”の写真もあるが、今日の紅葉はこんな感じ。
20DSC_65940001.jpg21DSC_66140001.jpg
西黒森山頂を振り返る                         13:20 林道に下りた
ここから車まで、景色と花を楽しみながらのんびり歩く。
20071006235511.jpg20071006235523.jpg20071006235533.jpg

20071006235544.jpg20071006235600.jpg20071006235615.jpg

車とバイクに気をつけながら歩き、14:18に車に戻った。
このあと、鎖をつかんで登らないといけない子持権現へ行ってみた。
行ったと言っても、高所恐怖症のため半分くらいで登るのはやめたけど。

22DSC_66370001.jpg23DSC_66480001.jpg
子持権現の急傾斜の途中からの瓶ヶ森
とにかく今日は好天に恵まれ、気持ちの良い山歩きができた。
紅葉は、次の日曜には色づいていることだろう。人も多く訪れ石鎚山への道は、さらに混雑することだろう。

category
山歩きと花・風景

夕日 重信川河口より

ここ最近、帰宅途中西の空に、綺麗な夕日を目にすることが
多くなった。
そこで思いついて海まで車を走らせた。
しかし、日の入りが17:50ではきつ過ぎる。
最短コースで撮影ポイントをめざしたが、やはり間に
合いそうも無く、途中で車から降り重信川河口付近の
土手で、慌てて撮影。
時間の余裕も腕もないから紹介するのはどうか.....と
思うような写真だが、山口県柳井方面に沈む夕日をどうぞ。

DSC_64680001.jpg

DSC_64760001.jpg

DSC_64780001.jpg

冬には、ダルマ夕日も見られるから、カップルの邪魔になら
ないように、また撮りにこよう。


category
風景

のら猫ちゃん ...とある公園にて

ちょっと寄った公園で、7,8匹の野良猫がうろうろしていたので、そろりそろりと近づいてみた。
だけど食べ物の匂いが無いので、やっぱり警戒され、2,3m近づくのがやっとだった。

1DSC_64460001.jpg2DSC_64510001.jpg

3DSC_64470001.jpg4DSC_64480001.jpg
何か持ってこい...と怒ってる                     気がきかない奴じゃ...とぼやいてる
5DSC_64440001.jpg   まったく... 役に立たん

( お ま け )
消えたブログに載せてた写真を再アップ。
DSC_62760001.jpg
塩ヶ森からの夜景
1DSC_58770001-1.jpg
彼岸花
DSC_57900001.jpg

DSC_57930001.jpg
虹とコスモス
1DSC_56560001.jpg


category
山歩きと花・風景

笹倉湿原

< 笹 倉 湿 原 >
10DSC_63130001.jpg

9月29日(土)、一年ぶりにウマスギゴケが群生する、四国ではめずらしい湿原へ行ってきた。
松山から見る1000m以上の山々は、厚い雲に覆われていたが、もしかすると北東の湿った強い風は、石鎚が壁となってくれて湿原上空は大丈夫かなあ.....と勝手に判断し車を走らせた。
だが、運よく湿原がある山には雲もガスもなし。雨対策だけはしっかりして、てくてく登って行った。


登山口への入り口は、石鎚スカイライン9.8キロ地点にあり、荒れた林道を進んで行く。
1DSC_62860001.jpg2DSC_62890001.jpg3DSC_62900001.jpg
10:08 登山口への入り口           10:18 堰を渡る                10:22 ここが登山口
両側を流れる川の音を聞きながら登り、やがてヒメシャラの木が目立つようになると、笹に覆われた道になる。
4DSC_62910001.jpg5DSC_62930001.jpg6DSC_62940001.jpg
10:32                        10:42                       10:53 倒木をくぐる
苔がついた瓦礫の坂を登りきると、春にはヤマシャクヤクが見られる場所を通過。笹が深くなり歩きにくいが、やがて下りになりワサビが生育する沢に到着。 
7DSC_62970001.jpg8DSC_62980001.jpg9DSC_62990001.jpg
11:02 歩きにくいが広々してホッとする  11:06 また体の柔らかさを問われる   11:13 ワサビ沢
さらに少し下って行くとポッカリ空間が現れる。目的地の笹倉湿原に到着。 11:20
11DSC_63620001.jpg12DSC_63430001.jpg

13DSC_63410001.jpg14DSC_63200001.jpg
笹の繁殖で年々面積が小さくなっている湿原。昨年秋周りの笹を刈って、笹の侵食を防いでいる。今年は刈った部分の湿地に踏み込まないように、柵が設けられていた。
15DSC_63180001.jpg16DSC_63460001.jpg

17DSC_63350001.jpg18DSC_63150001.jpg
静かな湿原を一周している時、親子だろうか?大・中・小の蛇に遭い、三度飛び上がった。
19DSC_63100001.jpg20DSC_63540001.jpg
12:10 出発。ちょうど一時間で下山する。

色づく紅葉はまだ無く、緑の空間。誰一人会わず、寂しさを感じる登山だった。
category
山歩きと花・風景

お知らせ

結局、blog88のサーバーのトラブルで、消えてしまった9/13以降の記事は復旧の見込みなし。せっかくコメント下さってたのに、うまく表示できないので削除しました。お詫び申し上げます。

また、ぼちぼち更新していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

1DSC_64120001.jpg2DSC_64190001.jpg

3DSC_63980001.jpg4DSC_63750001.jpg

category
山歩きと花・風景