Entry Navigation

爽快!天狗高原

めっきり涼しくなった天狗高原。
車の窓を開けても虫は入ってこないし、歩いても虫を食べることが無くなり、快適な散策。


1天狗10.09.26

2天狗10.09.26 3天狗10.09.26

放牧場でなければ、歩いてみたい草原。

4天狗10.09.26 5天狗10.09.26

あいにく晴れ間は少なくなったが、高知や室戸岬の方まで見える。
今まで、何回も足を運んでいるが、ここまで遠くが見えたのは初めて。
しばらく眺めていた風景。


6天狗10.09.26

涼しげなススキの風景の中を散策。

7天狗10.09.26

山の向こうの光っているのは太平洋。

8天狗10.09.26

石灰岩と草原とススキの心地良い風景。

9天狗10.09.26

10天狗10.09.26

11ハバヤマボクチ10.09.26 12ヒメヒゴダイ10.09.26

咲きかけのハバヤマボクチとヒメヒゴダイ。
ハバヤマボクチは、枯れたように見える開花したものも、もちろんあった。


13アケボノソウ10.09.26 14シコクブシ10.09.26

アケボノソウやシコクブシは花盛り。

15ヤマラッキョウ10.09.26 16ウメバチソウ10.09.26

咲き始めたヤマラッキョウと、咲き残っていてくれたウメバチソウ。

これから秋が深まっていく天狗高原。
10月も一度は訪れてみなければ。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
スポンサーサイト
category
山歩きと花・風景

北谷 その後

土曜に満喫した北谷の彼岸花。
三日たった今日の様子をアップ。ご参考に。
もう日が山に沈んだあとで薄暗かったので、全体(奥)の様子は見てないが、まだ絨毯になっていた。
ただ、蕾はほとんど無いので、行かれる方はお急ぎを。(いつまで見ごろかはなんとも...。)


1北谷10.09.28

2北谷10.09.28

3北谷10.09.28

バックに赤みを帯びた空を入れて、今年最後の北谷彼岸花の撮影を終了。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

カルスト 動物編

動物編と言っても、そう大げさなものではないが...。

やっぱり普通に放牧されている牛たち。

1牛10.09.26

2牛10.09.26

明るくなると同時に朝食タイム。

3牛10.09.26 4牛10.09.26

柵の近くにいると、向こうから寄ってくる。
天狗高原を走っていると、柵から出てしまった牛が道路に。
看板の上に心配そうなカラス。
無事、みんなのところに戻れただろうか。


5猪10.09.26  牛たちがいるすぐ横で茶色の動く物体!

6猪10.09.26

イノシシの子供だった。

あとは大野ヶ原の猫たち。

7猫10.09.26 8猫10.09.26

ちょっと仲間をつれてくる..って。

9猫10.09.26 10猫10.09.26

きた、きた。                             体をきれいにしたあと...。

11猫10.09.26  スキンシップ。

12猫10.09.26  また連れてきたぞ~。

13猫10.09.26  少し三匹の猫と遊んだあと、出発した。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
その他

朝景 (大野ヶ原にて)

今朝4時前に家を出発し、大野ヶ原の源氏ヶ駄馬に5時45分に着く。
日の出は5時59分なのでギリギリの到着だった。


1大野ヶ原10.09.26  場所を選ぶ時間がなかったので、ここから。

2大野ヶ原10.09.26

出てきそうな雰囲気。

そして、5時59分に顔を出す。

3大野ヶ原10.09.26 4大野ヶ原10.09.26

5大野ヶ原10.09.26 6大野ヶ原10.09.26

7大野ヶ原10.09.26

車をとめて上へ上がってしまったが、左下に少し下りたら、いい場所があった。
記憶しておこう。


太陽の近くはきれいだったが、上の雲が厚すぎて全体的には、普通の日の出だった。
きれいだったのは、秋の代名詞ススキが朝日を浴び輝いていたことかな。


8大野ヶ原10.09.26 9大野ヶ原10.09.26

10大野ヶ原

11大野ヶ原10.09.26

今日は風がない静かな朝だった。
前回見た雲海もなく、遠くまで望めた源氏ヶ駄馬。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

彼岸花 (北谷にて)

偵察を入れると今回が4回目の訪問。
途中の風景も楽しみたかったので、神社より手前に車をとめ歩く。

到着した時、一年半ぶり?か、久しぶりに川内の主の”おいわさん”と会う。見栄をはってもっと下から歩こうかと思ったが、軟弱さがアクセルペダルを踏ませて、神社手前まで行ってしまった。)
それはともかく、雨の心配なく、彼岸花の風景を約三時間、のんびりと楽しむことができた。

8時半ころ群生地に入ると、すでに6,7人が撮影していた。
そして時間が経つにつれ、その数はどんどん増えていった。


1北谷10.09.25

こんな感じで、まだ数日楽しめそう。 ↑ ↓

2北谷10.09.25 3北谷10.09.25

4北谷10.09.25 

三度目の紹介なので、あとは写真を。

5北谷10.09.25

6北谷10.09.25

7北谷10.09.25 8北谷10.09.25

9北谷10.09.25 10北谷10.09.25

11北谷10.09.25

12北谷10.09.25

13北谷10.09.25

14北谷10.09.25

15北谷10.09.25 16北谷10.09.25

下から歩くと、白花を見つけることができる。

17北谷10.09.25

18北谷10.09.25  田園風景を楽しみながらの散策。

明日の日曜は、さらに混みあいそうなので、車の離合・駐車等には気をつけて...。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

彼岸花 (窪野町丹波にて)

今日は午前中、山へは行かず北谷を訪れていた。
見ごろになり賑わっていた北谷の様子はあとにして、その途中の道筋、丹波の彼岸花の様子を紹介。


1丹波10.09.25

2丹波10.09.25 3丹波10.09.25

まだ刈り取りが終わってない田んぼも残っている。

4丹波10.09.25

5丹波10.09.25

お遍路さんに気づくのが遅れてしまった。残念。

6丹波10.09.25

7丹波10.09.25

上の群生地とは違う、のんびりとした彼岸花の風景だった。
15分ほどの撮影中、三匹の蛇に遭遇!
蛇はいるもととして、散策を。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

月景色 (重信川河口にて)

今日は、仕事帰りに塩屋海岸へ。
太陽が沈む時間には間に合わなかったが、昨日おとといと、昇る姿を見ることができなかった月を、今日は見ることができた。


1塩屋10.09.24  18時26分

山の上にある雲の中からだったが、秋らしい登場だった。

2塩屋10.09.24 3塩屋10.09.24

重信川河口から上流に向かって、月と水面の景色を撮る。

4塩屋10.09.24

5塩屋10.09.24     6塩屋10.09.24

7塩屋10.09.24

海側だけでなく、川側の風景も楽しい塩屋海岸。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

彼岸花 (青波町にて)

昨日は、午後も彼岸花の観賞。
少し晴れ間が見えていたので、317号を走り石手川ダムの奥の日浦地区へ。
だが、現地では小雨が降っていたので、写真を撮ったのは青波町だけ。


1青波10.09.23

稲刈りが終わった田んぼで。

2青波10.09.23

3青波10.09.23

4青波10.09.23

5青波10.09.23

朝、北谷を散策していた時は、Tシャツ一枚で汗ばむ感じだったが、ここを散策しているときは、同じ服装で肌寒かった。
天気予報どおり、前線の通過でやっと秋になったようだ。


6青波10.09.23

7青波10.09.23

天気の悪い秋分の日だったが、約10日遅れの彼岸花を、ようやく楽しむことができた。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

彼岸花 (北谷にて)

1北谷10.09.23

久しぶりにまとまった雨が降った今日、雨の切れ目を狙って、窪野町北谷を訪れてみた。

8時半に到着。
少し離れたところに車をとめ、傘を持ち長靴をはいて群生地まで歩くと・・・・・。


2北谷10.09.23

ようやく、このとおり絨毯のごとく咲き揃っていた。

3北谷10.09.23 4北谷10.09.23

群生地全体が見ごろの状態に。
ご覧になるなら早めの訪問を。


5北谷10.09.23

6北谷10.09.23

7北谷10.09.23

8北谷10.09.23

9北谷10.09.23

下の田園風景での彼岸花も撮りたかったのだが、9時半ころから大雨になったので車に避難。
そのまま北谷をあとにした。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

宇和の田園風景と蔵川の案山子

20日、実家からの帰りに、西予市宇和の田園風景と、大洲市蔵川の「かかしの里」に寄ってみた。

1宇和10.09.20

広大な田んぼは、稲刈り最盛期。

3宇和10.09.20

2宇和10.09.20

4宇和10.09.20

米の出来はどうだったのだろうか。
また、藁ぐろの風景に変わるのが楽しみ。


宇和を出たあと、大洲市蔵川へ。
ここは初めて訪れる場所。
56号線鳥坂トンネルを抜け、下る途中に右折(蔵川・野村)。あとは誘導看板がずっとあるので迷わない。


5蔵川10.09.20     6蔵川10.09.20

稲刈りが終わった田んぼの脇に、糧くん案山子。
石川 遼くんのライバル、蔵川 糧くん。(勝手に名前をつける)


7蔵川10.09.20  8蔵川10.09.20

ギャラリーもちゃんとついてる。

9蔵川10.09.20 ←こんなに報道されているのに知らなかった。

10蔵川10.09.20     11蔵川10.09.20

娘さん発見。おばちゃんが鎌を持ってるので近づけない。

12蔵川10.09.20 13蔵川10.09.20

巨大トンボも飛んでいる。

14蔵川10.09.20     15蔵川10.09.20

当然ゴミは持って帰る。

16蔵川10.09.20     17蔵川10.09.20

仲のよい夫婦。                            龍馬が新婚旅行中。

道路沿いの案山子しか見なかったので、どれだけ多くの案山子があるのかわからないが、微笑ましい案山子が、見張りのシーズンを終え、のどかに笑っていた。

18蔵川10.09.20

栗も道路に散らばり、秋の装いに。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
風景

夕景 下灘にて

18日の帰省は、高速を使わず海岸線を走る。
下灘あたりで、ちょうど夕景が楽しめる時間になったので、先日も寄った下灘駅へ。
土曜日の晴れ...ということで、ホームにはズラッとカメラマンたちが、感動の瞬間を待っていた。


1下灘駅10.09.18     2下灘駅10.09.18

この日はこんな夕景。

3下灘駅 4下灘漁港10.09.18

駅でしばらく撮ったあと、港の方向へ少し歩く。
誰もいないところで、日が沈むまで灯台を入れて撮影。


5下灘漁港10.09.18

6下灘漁港10.09.18     7下灘漁港10.09.18

人気の駅からの夕景とは違う、これもきれいな下灘の夕景だ。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

瓶ヶ森林道にて

11日の残りの写真になりますが・・・。

瓶ヶ森林道を少し(天気がそんなに良くなかったので)だけ歩いた。

1林道10.09.11  こんな天気。

2ハナイカリ林道10.09.11 3ウメバチソウ林道10.09.11

目的の花のハナイカリとウメバチソウ。
ハナイカリはそこらじゅうに、ウメバチソウはいつもの場所で少しだけ。


4リンドウ伊吹山10.09.11 5アサマリンドウ伊吹山10.09.11

6ツルリンドウ林道10.09.11 伊吹山に5分で登れる登山道にて。

リンドウ    アサマリンドウ   ツルリンドウ

7タカネオトギリ林道10.09.11 8アサギマダラ10.09.11
タカネオトギリソウと、この日もいたるところでひらひら舞ってたアサギマダラ。

9子持権現山10.09.11             10子持権現山10.09.11

子持権現山の横を通ったとき、ちょうど信者の方々が鎖を登っていた。
高所恐怖症の僕には、絶対に登れない山...というか、登ったら下りられなくなる山。


11アケボノソウ林道10.09.11

アケボノソウ
この日はなかなか見つけられなかったが、もういっぱい咲いていることだろう。


12紅葉林道10.09.11

少し紅葉していた葉っぱ。

紅葉のころが楽しみだが、今年はいつごろ見ごろになるだろうか。
きれいに染まってくれるといいのだが。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
山歩きと花・風景

彼岸花 (北谷偵察)

連休は、明日仕事をしたあとに帰省するので、気になっている北谷の彼岸花の様子を、仕事帰りに覗いてきた。

1北谷10.09.17

さて、群生地の様子はといえば.....。

2北谷10.09.17 3北谷10.09.17

まだこの状態。
考えようによっては、安心して帰省できそうだ。


4北谷10.09.17

また来週、ゆっくり訪れてみよう。

5北谷10.09.17


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

淡路ヶ峠 (あわじがとう)

松山市畑寺にある淡路ヶ峠(あわじがとう)。
道後平野を見渡せる山、伊藤博文ゆかりの山として知られていて、3、4年前から一度登ってみようと思っていたが、先日の日曜にようやく訪れてみた。


1あわじがとう  2あわじがとう

パチンコ屋のパオから見た淡路ヶ峠。
右側の50番札所「繁多寺」からの登山道もあるが、今回は左側裏手の「宝谷池コース」を登った。
山の解説は、上の写真をクリックしてもらえば、文字が読めるサイズになるので.....。


3あわじがとう  登山口

東野のエフコ跡地の交差点を山側に上がっていけば、誘導看板があるので車でここまで行ける。
ただ、軽四でも狭いなあ..と思われるところもあるのでご注意を。(うっかりカーブを走ると、脱輪しそうな場所もあった。)


4あわじがとう 5あわじがとう
登山口直前のカーブ。一回では曲がれない。      登山口奥の広くなった所に駐車。

6あわじがとう  今年整備された登山道。ロープもかかっている。
足元は谷側は柔らかく崩れやすいので、慎重に。

7あわじがとう 8あわじがとう
桑原中学校裏登山口からの合流点。ここまでくると尾根になるので、明るい道となる。

9あわじがとう  シダと松に囲まれた道が上まで続く。

10あわじがとう  時々視界が開ける。

11あわじがとう 12あわじがとう
「峠まで・・・m」という標識も山頂まである。

13あわじがとう  途中、鉄塔広場からの景色。

約20分で山頂に到着。

14あわじがとう  この山頂展望デッキから景色が見渡せる。

15あわじがとう 16あわじがとう 17あわじがとう

道後平野が一望できる。

18あわじがとう
松山城と三津浜、興居島方向。

19あわじがとう
森松から砥部、障子山方向。

20あわじがとう

21あわじがとう

夕景・夜景も楽しめそうな風景。
ただ、暗くなると危険がともなうので、ライトは必ず持参するように。
一度は明るいときに歩いて下見をすること。


DCF_あわじがとう  大雑把な地図だが。 上り20~30分、下り15分~20分。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   





category
山歩きと花・風景

夕景 七五三ヶ浦(しめがうら)

今日も11日土曜のお出かけ分。

夕日を鴨池海岸で撮ろうか、橋のライトアップを考えて、大角海浜公園で撮ろうか迷ったすえ、その中間にある今治市波方宮崎の七五三ヶ浦へ向かう。

1しめがうら10.09.11

この日は引き潮で、松がある岩場と陸続きになっていた。
この岩場を入れた同じような写真だが。


2しめがうら10.09.11     3しめがうら10.09.11

満ち潮なら、ここは海の中。

4しめがうら10.09.11 5しめがうら10.09.11

貨物船がよく通る。

6しめがうら10.09.11

7しめがうら10.09.11

10しめがうら10.09.11

これから太陽は左に動いていく。
次に訪れる時には、どんな夕景になるだろうか、また楽しみだ。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

三日月と灯台の風景

土曜に撮った写真が続きますが・・・。

今治の海岸で夕日を撮ったあと、大橋のライトアップを撮るための移動の途中、波方の西浦で三日月の写真を撮ってみた。

1月景10.09.11

2月景10.09.11

月の左上で金星も輝く。

3月景10.09.11

4月景10.09.11

さて、ここから右方向には赤い灯台がある。
防波堤が手前にあるので、少し撮り辛かった。


5灯台10.09.11

6灯台10.09.11

船の往来が少なかったのが残念。

ライトアップは失敗したので、おまけとして一枚。

7ライトアップ10.09.11


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

ヤマラッキョウ (笠取山周辺)

昨日の午前のメインは、ヤマラッキョウ探し。
秋の風景になっているであろう、久万高原町の笠取山へ上がる。


1ヤマラッキョウ笠取山10.09.11

頂上まで登ったり、かなり広い範囲を長靴で(笹が濡れているから)歩きまわり、ようやく見つけた貴重な花。
でも、もうちょっと日がたてば、探すどころか歩くとこ歩くとこに咲くから、ご安心を。
なにはともあれ、写真におさめることができて良かった。


2大川嶺10.09.11

雲が多い天気。時々こんな青空にもなってくれた。

3大川嶺10.09.11 4大川嶺10.09.11

5リンドウ笠取山10.09.11

リンドウがあちこちで咲き始めている。

6アカモノ笠取山10.09.11

なぜかこの時期にここでお目にかかるアカモノ。(去年も同時期に咲いていた。)

7ホソバノヤマハハコ笠取山10.09.11 8アキノキリンソウ笠取山10.09.11
ホソバノヤマハハコ                   アキノキリンソウ

9シコクフウロ大川嶺10.09.11

シコクフウロの大群生。

次は紅葉の時期の訪問になるかな。

(おまけの情報)

北谷の彼岸花の群生地の様子を見てきたが、まだ一本も頭を出していなかった。
去年より遅い感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
山歩きと花・風景

9月の向日葵

花が小ぶりの向日葵は、まだあちこちで見かけるが、普通の向日葵を今月見るとは思わなかった。
昨日は、あっちこっち行った帰り道、西条を通ったので、ブログのお友達から教えていただいた、西条市小松11号線沿いの向日葵畑を覗いてみた。


1ひまわり小松

こんな感じ。
パンが人気のデイリィーの横だから、すぐわかる場所。
汗が落ちる暑い日が相変わらず続いているから、9月と言っても違和感のない向日葵。


2ひまわり小松

3ひまわり小松

4ひまわり小松

「ぜひ、県展・日展に出せる写真を撮ってくれ...」と言われたが、無理のようなのでここ”ブロ展”にアップ。(^^;)


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
花と風景

夕景~塩屋海岸 (10日)

おとといの下灘の夕景に続き、昨日も夕景を眺めに行ってきた。
場所はいつもの塩屋海岸。


1塩屋10.09.10

重信川の堤防を歩きながら海へと向かう。

2塩屋10.09.10

水辺にいたサギが、ねぐらへと帰る。

3塩屋10.09.10 4塩屋10.09.10

太陽は、こんな感じで落ちていった。

5塩屋10.09.10

6塩屋10.09.10

空全体でいうと、あまり焼けなかったが、西にある雲だけは燃えていた。

7塩屋10.09.10

三日月発見。

8塩屋10.09.10

これを撮って撤収。
今日も一日、晴れますように。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

天狗高原の花

4日に訪れた四国カルストの話題の最後は、天狗高原の花。

下の写真の瀬戸見の森で引き返そうと登ったものの、結局黒滝山までの往復約7キロを歩いてしまった。

1瀬戸見の森から10.09.04     2ヒナシャジン天狗10.09.04

今年はヒナシャジンの花を、多く見ることができた。   ↑

あとは、写真に撮った花を紹介。

3ウメバチソウ天狗10.09.04 4ツルニンジン天狗10.09.04
ウメバチソウ                             ツルニンジン
5ミヤマモジズリ天狗10.09.04 6シコクママコナ天狗10.09.04
ミヤマモジズリ                            シコクママコナ
7レイジンソウ天狗10.09.04 8シコクブシ天狗10.09.04
レイジンソウ                             シコクブシ
9ソバナ天狗10.09.04 10ツリガネニンジン天狗10.09.04
ソバナ                                 ツリガネニンジン
11オオナンバンキセル天狗10.09.04 12シギンカラマツ天狗10.09.04
オオナンバンキセル                         シギンカラマツ
13キレンゲショウマ天狗10.09.04 14アキチョウジ天狗10.09.04
キレンゲショウマ                          アキチョウジ
15ヒナノウスツボ天狗10.09.04 16クルマバナ天狗10.09.04
ヒナノウスツボ                            クルマバナ
17ホソバノヤマハハコ天狗10.09.04 18クサアジサイ天狗10.09.04
ホソバノヤマハハコ                         クサアジサイ
19アキノギンリョウソウ天狗10.09.04
アキノギンリョウソウ

明日は瓶ヶ森林道散策の予定。一日晴れてくれるといいのだが。
12日の日曜は、てっぺんマラソン開催のため、瓶ヶ森林道は通行止めになるので、ご注意を。




にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   




category
山歩きと花・風景

今日の夕景・・・

久しぶりに雲がとれ、よく晴れた一日。
今日は夕景撮りに、走った。


時間を巻き戻しながら、まず沈むところから。

1夕景10.09.09

2夕景10.09.09

ここはどこでしょう?

3夕景10.09.09

4夕景10.09.09日が経てば灯台の上にも落ちそう。

5夕景10.09.09

そろそろここはどこかおわかりかな。

6夕景10.09.09 7夕景10.09.09

そう、ここは・・・。

8夕景10.09.09       9夕景10.09.09  ・・・下灘駅。

行けなかったが、先週プラットホームコンサートが行われた場所。
平日だが、カメラを持っている人が3、4人と、ホームのベンチに座って、海の夕景を楽しむ人などがいる。ここはやっぱり人気スポットだ。

10夕景10.09.09

11夕景10.09.09  貴婦人も佇む。

12夕景10.09.09

これから日が経つにつれ太陽は左に動き、やがてここから見えなくなるので、海が一番近い駅で夕日を楽しむなら、どうぞお早めに。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

カルストの風景

先日、大野ヶ原で朝日と雲海を堪能したあと、天狗高原へ移動。
午前中は青空が広がっていたので、カルストの風景を楽しむことができた。


1カルスト_3899

2カルスト_3905

3カルスト_3917

4カルスト_3927

ウィキペディアより
「四国カルストは、愛媛県と高知県との県境にある標高が約1,400m、東西に約25kmに広がるカルスト台地。

日本三大カルスト(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)のひとつで、その中でも最も高い標高からは石鎚山などの周辺の山々が一望できる。

西から大野ヶ原、五段高原、姫鶴平(めづるだいら)、天狗高原(てんぐこうげん)(標高1485m)まで、なだらかな山肌には、夏は草に覆われた緑のじゅうたん、秋はススキが一面に広がり、一年を通して四季を楽しむことができる。浸食作用で地表に露出した石灰岩が点在している。乳牛の放牧地帯としても有名で、多くの牛が放牧され、カルスト特有の風景をさらに牧歌的にし、多くの人々が訪れる観光地となっいる。」

ススキも多く見られるようになったが、太陽の下では秋とは思えない暑さ。

5カルスト_3946

6カルスト_3947

7カルスト_3962

8カルスト_3960

春から秋まで、何度も足を運ぶお気に入りの高原。
次に訪れるときは、涼しい!と心から言える気候になっているかな。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
風景

アサギマダラ

1アサギマダラ皿

昨日は昼頃から皿ヶ嶺をぶらっと歩いてきた。
特に目立った花はなかったが、印象に残ったのは竜神平のオタカラコウの群生で、優雅に舞う多くのアサギマダラに会ったことだ。


2皿ヶ嶺10.09.05 3皿ヶ嶺10.09.05
黄金色になった水田地帯を見下ろす。           陣ヶ森を望む場所の色づいてきたツツジの葉。

さて、アサギマダラについての説明は、「SRSアサギマダラ生態図鑑」から抜粋。

「アサギマダラ(マダラチョウ科[ときにタテハチョウ科]の蝶。学名はParantica sita)は、春には、南西諸島から本州へと北上し、夏にはその子孫が、涼しい高地に滞在し、秋には、南西諸島を目指して南下をします。
その飛翔距離は1500kmから2000km余にも及ぶことがあります。
その移動の経過(渡っていく様子)は、翅にマーキング(標識)をして放蝶し、遠隔地で再捕獲をすることで知ることができます。アサギマダラは数々の不思議と魅力に満ちた生き物です」


山歩きの途中、息があがってたり、変化のない道をだらだら歩き憂鬱になっている時に、パッと目の前をヒラヒラ飛んでくれて、気持ちを上向きにしてくれる蝶。

4アサギマダラ皿

5アサギマダラ皿

ここからは、石鎚山での写真。

6アサギマダラ石鎚1

7アサギマダラ石鎚3

8アサギマダラ石鎚4

9アサギマダラ石鎚2

見つけるたびにカメラを構えてしまう蝶。
まだまだ山で会えそうだ。



おまけは、皿ヶ嶺で撮ったヤマボウシの実。

10ヤマボウシ皿  食べられるらしい。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
山歩きと花・風景

雲海

源氏ヶ駄馬北側斜面で、朝日を楽しんだあとは、山頂から南側の風景を眺める。
そこには、谷を埋める雲海広がっていた。


1雲海10.09.04

2雲海10.09.04

3雲海10.09.04

4雲海10.09.04

5雲海10.09.04

ある程度は期待していた雲海だったが、ここまできれいに広がっているとは。
いつもなら草むらでごそごそ花探しをするのだが、昨日はこの雲海の風景に見入ってしまった。


6牛_3843  青空と牛たち

7牛_3848

8牛_3850


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
category
風景

朝景 (大野ヶ原)

今日は思い切って3時起床。
朝の風景を眺めに、四国カルストの大野ヶ原へ。
5時すぎに源氏ヶ駄馬登山口の駐車場に到着。


1大野ヶ原朝景09.04

5時19分、一枚目を撮る。
さて、どこから太陽は昇るのかな...と不安と期待のなか待つことに。
相変わらず、行き当たりばったりなので、太陽が出てみないとわからない。


2大野ヶ原朝景09.04  見上げると月が。

3大野ヶ原朝景09.04 4大野ヶ原朝景09.04

もうそろそろかな。寒いからジャンパーを着る。

今日の日の出は5時44分となっているが...。
出た!!


5日の出5時44分

カメラのデータをみるとドンピシャ5時44分。
正木の森付近から昇ってきた。


6大野ヶ原朝景09.04

雲も少なくなり、綺麗な朝景に感激する。

7大野ヶ原朝景09.04  いい色。

8大野ヶ原朝景09.04

9大野ヶ原朝景09.04

いい一日になりそうな風景。目もパッチリ開いた。

10大野ヶ原朝景09.04

ここまで昇ると、もう暑くなり、ジャンパーを脱ぎ源氏ヶ駄馬を散策した。

11アケボノソウ源氏ヶ駄場10.09.04  アケボノソウ発見。

このあと、もう一つ感激した風景に会った.....。


にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
夕景夜景朝景

夕景 塩屋海岸にて (8/31)

おとといの夕景になるが、久しぶりに塩屋海岸で夕日を眺めてきた。

1塩屋10.08.31

穏やかな海。

2塩屋10.08.31  魚がよく跳ねていたので。

3塩屋10.08.31 4塩屋10.08.31

ここ最近はきれいに晴れ上がらない。

5塩屋10.08.31

雲は多いが、こんな夕景も良しかな。


おまけは、今日の見奈良のコスモス畑。

6見奈良10.09.02 7見奈良10.09.02

ぽつっぽつっと咲き始め。となりの稲の実りの風景の方が印象的。

8夕景10.09.02

これは今日の夕景。このあと雲がきれいに染まった。
海に行けば良かったと、少し後悔しながら家へ帰った。



にほんブログ村 写真ブログへ   愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」   
category
風景