Entry Navigation

お花畑 (皿ヶ嶺)

昨日の皿ヶ嶺散策の目的は、風穴周辺にいっぱい咲くアキチョウジ。
春はコンロンソウの白い花畑になるが、秋はブルーの花畑。
キバナアキギリの黄色も加わる。(左の黄色はオタカラコウ)


1風穴13.0929

あいにく太陽がある方角には雲があり、光が射しこまない。

2風穴13.0929

3風穴13.0929

チョウやハチも飛んでなかったので、たまたま歩いていた登山者に、モデルになってもらった。

4竜神平13.09.29  竜神平のイヌタデ。

ピンクのミゾソバは、今回あまり群がって咲いてくれてなかった。

どこでも咲く花だが、たくさん集まれば、そこは花畑。


にほんブログ村 写真ブログへ      
スポンサーサイト
category
山歩きと花・風景

皿ヶ嶺

二ヶ月ぶりの皿ヶ嶺。
今日は日曜ということもあり、多くの登山者が涼しい風を感じていた。


1竜神平13.09.29

竜神平は、夏の花がすっかり消え、ススキが目立つ風景。

2竜神平13.09.29

少し色づいた木も。

3ミゾソバ13.09.29

周辺の足元には、秋の花が登場。

4リンドウ13.09.29

5ヤマラッキョウ13.09.29

6イヌタデ13.09.29

7登山道13.09.29

登山道沿いでは、シコクブシ・キバナアキギリ・レイジンソウがいっぱい。

813.09.29アケボノソウ1 9アケボノソウ213.09.29

10レイジンソウ13.09.29 11オオバヨメナ13.09.29

12オタカラコウ13.09.29 13キバナアキギリ13.09.29

14シコクブシ13.09.29 15ジンジソウ13.09.29

皿ヶ嶺上空には、雲が多く、青空がなかなか見えなかったが、下界はよい天気のようだった。

16皿ヶ嶺13.09.29

今日はのんびり散策だったが、次回はもっと下から登ってみようかな。体力作りに。


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
山歩きと花・風景

ソバの花

石鎚からの帰りは、面河から494号で東温市へぬけた。
井内のアカソバの偵察のために。


1井内13.09.27

現地に着くと、もう花が咲き始めていた。

2井内1309.27

花は開いてなくても、ピンクだからよく目立つ。

3井内13.09.27

もう一カ所は、普通のソバの花。
494号沿いにて。


4河之内13.09.27

太陽は山に隠れて影になってしまった。

5河之内13.09.27

おまけは、見奈良のコスモスの写真。

6見奈良13.09.27 7見奈良13.09.27

それでは、よい週末を。
僕は明日は仕事で、休みの日曜は、皿ヶ嶺をのんびり散策かな^^



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
花と風景

紅葉近づく石鎚山

快晴の一日。
紅葉の秒読みが始まった石鎚山へ。


1石鎚13.09.27

ドウダンツツジは、色づいていた。
ナナカマドやナンゴクミネカエデは、少しだけ色づき。


2石鎚13.09.27

3石鎚13.09.27

弥山から天狗岳の道中から。

4石鎚13.09.27

5石鎚13.09.27

6石鎚13.09.27

山頂付近は、あと一週間から10日で染まっていく...と思う。

東稜や横道では、まだ目立った木は少ない。

7石鎚13.09.27

8石鎚13.09.27

9石鎚13.09.27

10石鎚13.09.27

今年は、どんな紅葉風景になるだろうか。
次回、4日に行くか、9日に行くか、チョコチョコ天気や、他の人の情報をチェックしてみよう。

花は、リンドウが多く、ミソガワソウ・シラヒゲソウ・ダイモンジソウの咲き残りもあった。

11シラヒゲソウ石鎚13.09.27 12ダイモンジソウ石鎚13.09.27

13アサマリンドウ石鎚13.09.27 14リンドウ石鎚13.09.27

相性悪く、今まで会えなかった..というか咲く場所を知らなかったというか...、センブリをやっと見ることができた。

15センブリ石鎚13.09.27


近々通行止め解除になるみたいだが、土小屋から瓶ヶ森までの道は閉ざされていた。(瓶ヶ森付近の通行止めは継続中)

16通行止め

あさっての日曜は、ヒルクライムのイベントがあるので、スカイラインが通行止めになる時間があるから、ご注意を。


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
山歩きと花・風景

大野ヶ原にて

1大野ヶ原13.09.22

22日の高原は、ときおり雨が落ちる天気。
大根畑が印象的な大野ヶ原。


2大野ヶ原13.09.22

源氏ヶ駄馬周辺では、アケボノソウが良く目につくようになった。

3アケボノソウ13.09.22

4アケボノソウ13.09.22

5キバナアキギリ13.09.22 6レイジンソウ13.09.22

7イワアカバナ13.09.22 8シコクフウロ13.09.22

9大野ヶ原13.09.22

ミルク園は休みだったので、アイスは食べなかったが、いつもの猫たちと少し遊んだ。

10大野ヶ原13.09.22

11大野ヶ原13.09.22

あさっては、紅葉直前の石鎚山を歩く予定。
体調はイマイチだが、気持ちだけでも前向きに^^;



にほんブログ村 写真ブログへ      

category
山歩きと花・風景

彼岸花の風景 (北谷 松山市窪野町)

大川嶺に寄り道し結構疲れていたから、真っすぐ帰宅しようと思っていたが、曇りがちの山の天気と違って、松山は青空広がる天気だったので、日が傾き始めた北谷へ足を伸ばした。

1北谷13.09.22

今回は、奥の群生地までは行かず、車を下に止め、歩いて周辺の風景を楽しんだ

2北谷13.09.22


3北谷13.09.22

先週訪れた時には咲いてなかった、田んぼのあぜ道や斜面でいっぱい咲いていた。

4北谷13.09.22

西日を受けて、とても綺麗だった。

5北谷13.09.22


6北谷13.09.22


7北谷13.09.22

北谷には、結局10日間で、昼・朝・夜・夕と4回も来てしまった。
でも、訪れたそれぞれの時間、いい風景を堪能できた。



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
花と風景

彼岸花の風景 (広見川 鬼北町)

昨日、実家を出て三間ICを下りたあと、広見川を遡り大野ヶ原へと向かった。
その道中、河原に彼岸花がいっぱい咲いていたので、川に下りて歩いてみた。
その風景を。


1広見川13.09.22


2広見川13.09.22


3広見川13.09.22


4広見川13.09.22


三脚使って、じっくり撮ればよかったなあ..と、あとで後悔したいい風景だった。


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
花と風景

リンドウ~大川嶺

今日、実家からの帰り道は、大野ヶ原・大川嶺経由。
大川嶺周辺では、道々でリンドウがいっぱい。


1リンドウ13.09.22 2リンドウ13.09.22

3リンドウ13.09.22

足元から先に秋へと変わった。
ヤマラッキョウや、季節はずれのアカモノも咲く。


4ヤマラッキョウ13.09.22 5アカモノ13.09.22

6蕾13.09.22

紅葉はただ今準備中。

7大川嶺13.09.22

8大川嶺13.09.22


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
山歩きと花・風景

北谷の彼岸花 3 (待宵月と)

昼..朝..と訪れた北谷。今夜は、仕事が終わってから訪れてみた。
月は待宵月。明日の二時過ぎが満月(中秋の名月)。
夜の北谷は初めてだったので、月の光が射しこむ時間がわからないまま、19時過ぎに到着。
月明かりが花を照らし始めたのは、19時40分ころだった。
...ということは、明日なら20時過ぎからかな。


北谷13.09.18

まあ、辺りは真っ暗で、ほとんど勘で撮ったものだから、うまくは撮れてないけど^^;

ここからの三枚は、ヘッドライトの光を当てた作り物。

2北谷13.09.19

右上に月の光が! (撮っているときは、全く気がつかなかった)

3北谷13.09.19

4北谷13.09.19

再び、月の光が当たった彼岸花の写真。

5北谷13.09.19

6北谷13.09.19

7北谷13.09.19

同じことを考えて、訪れている人がいるだろうと思って来た、北谷だったが、誰もいない静寂そのもの。
でも、1時間ほどだが、今年最後の北谷を、楽しむことができた。



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
花と風景

北谷の彼岸花 2

明日の休みが出勤に変わり、同時に今日が遅出となった。
目覚めると、いきなりの快晴。
すばやく身支度して、北谷へと向かった。


1北谷13.09.17

7時40分ころ現地に到着。
すでに10人くらいの人が、カメラを構えていた。


2北谷13.09.17

まだ蕾も多く残る北谷。
でも、風景的にはそろそろピークだろうか。


3北谷13.09.17

4北谷13.09.17

5北谷13.09.17  青空と。

7北谷13.09.17

6北谷13.09.17

8北谷13.09.17

1時間だけ滞在して帰宅。
北谷を出るとき、会う予感がしたおいわさんとやっぱりバッタリ。
道中など詳しいレポートはおまかせして別れた。



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
花と風景

北谷の彼岸花 (松山市窪野町)

気になる今日の北谷の彼岸花の様子をどうぞ。

1北谷13.09.13


3北谷13.09.13


4北谷13.09.13


5北谷13.09.13


6北谷13.09.13


7北谷13.09.13


8北谷13.09.13


9北谷13.09.13



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
花と風景

まもなく彼岸花

今日は用事もあり、遠くへお出かけする時間がなかったので、近郊の彼岸花の様子を偵察。

(日浦)

1日浦13.09.13

白花群生地の様子。
普通の彼岸花も、ぽつぽつ咲き始めている。


 
(北谷)

2北谷13.09.13

来週には見ごろになるかな。
でも、写真撮るには十分咲いている。



にほんブログ村 写真ブログへ      

category
花と風景

高原の風景

1高原13.09.10

歩いた山々をバックに。
ススキの草原。


2高原13.09.10

3ツルニンジン13.09.10 4アケボノソウ13.09.10

今年は、どうしても見つけられない花もあった。

5高原13.09.10

6高原13.09.10

7高原13.09.10

8高原13.09.10

さて、明日は所用もある休日。
時間があれば、彼岸花の偵察だけでも行けるといいけど。



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
山歩きと花・風景

小田深山

昨日は帰りに小田深山の様子を、少し見てきた。
錦秋を迎える11月には、よく訪れるが、この時期は初めて。
大雨の傷跡か?、藤見河原の橋が流されていたり、遊歩道が陥没していたところもあったが、川は普段の清らかな流れだった。


1小田深山13.09.10

花は、ゲンノショウコの白・赤花が目立っていただけ。

2ゲンノショウコ13.09.10 3ゲンノショウコ13.09.10

4小田深山13.09.10

藤見河原と、深山荘周辺の風景だけ楽しんだ。

5小田深山13.09.10

6小田深山13.09.10

7スキー場13.09.10  スキー場の気の早い紅葉。



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
川・滝・渓谷・花

黒滝山~天狗の森の花

今回は先月歩いたコースの逆回り。セラピーロードを下ってから、黒滝山~天狗の森。

2ヒナシャジン セラピー13.09.10

ヒナシャジンが、まだいっぱい咲いているセラピーロードを、ゆっくり下っていく。

3キツリフネ13.09.10 4ヤマジノホトトギス13.09.10

5アキノキリンソウ13.09.10

6コフウロ13.09.10 7アキチョウジ13.09.10

皿ヶ嶺の風穴で群生するアキチョウジも登場。

8ヤマシャク13.09.10 9トチバニンジン13.09.10

上りにかわってからは、ちょっと口に入れたいような実も。

10ヒメシャラ13.09.10  いつも撮るヒメシャラ。

11レイジンソウ13.09.10

レイジンソウは、黒滝山~天狗の森縦走途中、いっぱい咲く。

12出発13.09.10 13瀬戸見の森13.09.10

左は出発時の空。どんどん晴れるだろうと思っていたのだが、結局曇りがちの天気だった。

14シオガマギク13.09.10 15ホソバノヤマハハコ13.09.10

そして今日の目的の花、ミヤマモミズリ。
この花を見逃さないため、逆回りで歩いた。


16ミヤマモミズリ13.09.10

でも、見たのはこれ一つだけ。花が咲いていなければ、絶対に見つけられない。

17シコクブシ13.09.10

シコクブシも道中あちこちで咲く。
そして、もう一つの目的の花。


18シコクブシしろ13.09.10

白いシコクブシ。

三時間かけて、ゆっくりのんびり、でも汗いっぱいかいた山行だった。


にほんブログ村 写真ブログへ     
category
山歩きと花・風景

仁淀川

昨日最後に寄ったのは、8月にも訪れた片岡沈下橋と浅尾沈下橋。
先週の豪雨の影響が残り、水は濁っていた。


1仁淀川1 13.09.08

片岡沈下橋からの風景。
清流を表現できないので、他の綺麗な部分を強調してみる。


2仁淀川2 13.09.08

雲の写り込み。

3仁淀川3 13.09.08  同じような写真だけど^^;

4光の流れ13.09.08

時々、薄日が射し込み、光が流れているように見える。

場所は変わって浅尾沈下橋。

5浅尾沈下橋2 13.09.08

怖いので車は置いて、歩いて渡る。

6浅尾沈下橋1 13.09.08

この写真は何かというと...。
橋の下に体積しているものと同じ砂が、ここにいっぱい体積。
先週は、沈下橋より水位が高かったのだろう。


濁った川を眺めていると、明らかに色の違う流れが見えたので近づくと...。
本流に向かって綺麗な水が、脇から流れ込んでいた。
仁淀川ブルーへと戻してくれる流れだった。


7仁淀川4 13.09.08



にほんブログ村 写真ブログへ      
category
風景

大樽の滝

山の案内では不完全燃焼。ここで帰るには、わざわざ高知県まで来た甲斐がないので、大樽の滝を訪れてみた。
何年振りだろうか、僕自身も久しぶり。


1大樽1 13.09.08


(大樽の滝)ウィキペデアより引用

仁淀川の支流の大桐川水系大樽谷川水域にある。今から4億年以上前の花崗岩で形成された岩肌を流れ落ちている。落差は34メートル。越知市街地の近郊にあり、水源の山は標高200メートル程度の低山である。

滝の名は大きな樽の水を撒いたように豪快に流れ落ちることに由来する。滝の上部には囲炉裏ヶ淵、中樽、上樽などの淵が点在し悲恋物語など伝説が残っており、囲炉裏ヶ淵には大蛇が棲んでいたとの伝承もある。


駐車場までの道は狭いが、遊歩道はよく整備されている。トイレあり。

2大樽4 13.09.08   3大樽313.09.08

紅葉のシーズンには、ここが赤くなる。
イワタバコが遊歩道沿いでいっぱい咲いていた。


4イワタバコ13.09.08


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
川・滝・渓谷・花

アケボノソウなど (高知花散策)

高知県の降水確率は50~60%だったが、ここ続けて雨のためお出かけしてなかったので、今日は行動に移す。
今回は、知人と休みが合ったので、案内することに。
ただ、結果はまだ蕾だったり、葉っぱだけだったりと、山では残念な花散策。
それでも、心配していた雨は降ることなく一日を過ごせたので、行動は正解^^。


1アケボノソウ13.09.08

今年の第一アケボノソウ。一輪だけ咲いていた。
珍しい花ではないが、好きな花なので....。


2越知町風景13.09.08

眼下のこんな風景も眺めながら。

3ツルリンドウ13.09.08 4ヤマジノホトトギス13.09.08

全体的に花が少なかったが、咲き始めたツルリンドウや、背丈が低く見逃しそうなスズコウジュを見ることができた。

5スズコウジュ1 6花13.09.08

7マツカゼソウ13.09.08 8シュウブンソウ13.09.08

お目当てのキノコも姿なし。
一生懸命探した花も.....蕾。


9蕾1 13.09.08 10蕾2 13.09.08

蚊に数ヶ所、アブに二ヵ所刺されたが、雨に合わなかったのが何より^^;。


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
山歩きと花・風景

塩屋海岸

ここ数日雨が降り続いた。
松山は、幸い大きな災害なくきりぬけたが、全国的に不安な気象状況が継続中。
今日は、夕方西の空が晴れたので、塩屋海岸へ行ってみた。


1塩屋13.09.04

重信川の増水で運ばれてきた、流木やゴミが打ち上げられた海岸。

3塩屋13.09.04

4河口13.09.04

河口の様子。


西の空だけ切り取ると、何もなかったような夕景。

5塩屋13.09.04

次の休みは、山に行ける天気になりますように..と祈って帰宅。


にほんブログ村 写真ブログへ      
category
風景